セラミドとは

セラミドという成分を聞いたことはありますか?敏感肌、アトピー肌の人は知っているかもしれません。

セラミドは敏感肌用の化粧品にも多く含まれています。それだけ肌に優しい成分ということなのでしょうか?

セラミドは実は肌にとって大切な成分なのです。セラミドの特徴、副作用を見てみましょう。

セラミドとは?

特徴とは?

セラミドはもともと体内に存在する成分で、角質層にある細胞間脂質です。細胞と細胞の間で水分や油分を抱え込んでいるような物質です。英語表記では「ceramide」となります。

肌からの水分の蒸発を防いだり、外からの刺激や細菌の侵入を防いだりするバリア機能の働きがあります。

セラミドが肌にあることで、みずみずしい健康な肌が保たれるのです。

細胞間脂質の主成分の約半分をセラミドが占めています。セラミドは加齢、外的変化などによって減少します。

そうなると、肌のうるおいが保てなくなるので、乾燥して肌荒れの状態になってしまうことに。敏感肌、アトピー肌の人はもともとセラミドが少ないので、肌が荒れやすいと言われています。

効果とは?

  • 保湿効果
  • バリア機能改善
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • シミ、しわの改善
  • アンチエイジング効果

セラミドは肌のうるおいを保ち、健やかな肌にすることができ、このような効果が得られるようです。

市販の形状とは?

セラミドは脂質なので油溶性です。主成分が水の化粧水よりも美容液や乳液、クリームの方が配合しやすく、含有量も多いと言われています。

セラミドを使用している代表化粧品とは?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみなどの肌トラブルに対応しているジェルです。ヒアルロン酸やプラセンタなどの保湿成分とともに、セラミドも配合されています。

デリケートな肌にも使えるようになっています。保湿をしながら、炎症を抑えて黒ずみを改善してくれます。

>>ピーチローズの成分について見る

ヒフミド

ヒフミドは小林製薬から出た化粧品。医薬品にとどまらず、スキンケアでの展開もしています。保湿力の高いヒト型セラミドを配合しており、徹底的な保湿をしてくれます。

年齢や外からの刺激によって減ってしまったセラミドをしっかりと補える、セラミドに特化した化粧品ラインです。乾燥に悩む女性におすすめです。

ディセンシア つつむ

ディセンシアはポーラオルビスグループが敏感肌のケアとして開発した化粧品ライン。その中で、自らの力を育み、基本となる保湿ケアができるのが、「つつむ」です。

ヒト型ナノセラミドが配合されており、高い浸透力を実現されています。敏感肌を優しくつつみこんでくれるようにできています。

バリア機能が低下した肌を健康な肌に改善してくれそうです。

セラミドの危険性とは?

セラミドはもともと角質層に存在する成分なので、敏感な肌でも安心して使うことができ、副作用もありません。

アトピー肌の人でも使用できると言われている、保湿力と安全性を持ったものなのです。

ただ、どの成分でも絶対に安全とは言い切れません。特に、セラミドにも種類があり、化学合成された「疑似セラミド」は、化学原料から作られているので、肌に合わない人もいます。

セラミド配合の化粧品でも、成分をチェックするようにしましょう。

>>セラミドの種類について見る

セラミドとは肌に優しい保湿成分

セラミドは肌の表面の細胞の間を埋めて、肌の健康を保ってくれています。セラミド不足で敏感になっていたり、アトピーになってしまったりすることもあるのです。

また、セラミドが減少すると、外からの刺激に弱くなるので、乾燥、赤み、しみ、しわの原因にもなってしまいます。

セラミドは肌に副作用の心配はほぼなく、敏感肌用の化粧品にも多く含まれています。敏感な肌でも使える優しい成分で、敏感な状態を保湿力を高めて健やかな状態にしてくれるのです。

セラミド肌から補って、水分を保持してうるおいの逃げない肌を手に入れましょう。