低分子ヒアルロン酸とは

低分子ヒアルロン酸という成分を聞いたことはありますか?

ヒアルロン酸と聞けば、美容に良い成分として有名だとは思います。しかし、詳しいことは分からないという人が多いかもしれません。

そのヒアルロン酸が低分子ということで、どのような効果が期待できるのでしょうか?

また、身体や肌に悪影響を及ぼす危険性がないのかも知りたいですよね。低分子ヒアルロン酸がどのような成分なのかをご紹介していきます。

低分子ヒアルロン酸とは?

そもそもヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸とは、水分を抱え込んで保湿する成分です。1gで約6リットルの水をとどめておくことができると言われています。

もともと身体の中に存在する成分で、皮膚や筋肉、軟骨を構成しています。細胞同士をくっつけている、結合組織の主成分なのです。

ヒアルロン酸は加齢とともにどんどん減少していくので、肌も乾燥したり、ハリがなくなってきたりとトラブルが起きやすくなってきます。

基本的にヒアルロン酸の分子は大きく、角質層には浸透はしません。肌に塗ると、肌表面に留まり、肌を守る働きをします。

しっとりとした使い心地で、肌の乾燥が激しい時などは肌の表面にうるおいを長時間とどめてくれるのです。

低分子ヒアルロン酸の特徴とは?

低分子ヒアルロン酸とは、もともと高分子のヒアルロン酸を小さくしたものです。それは、上で述べたように、角質層に浸透しないので、肌への吸収率を良くするために開発されたものなのです。

人工的な処理をすることで、もとのヒアルロン酸を小さくしていくことで、低分子ヒアルロン酸になります。

英語表記では「low-molecular-weight hyaluronic acid」となります。

角質層にまで浸透するので、肌の内部の保湿をすることができます。しかし、早く分解されてしまうので、定期的に補給してあげることが必要になります。

低分子ヒアルロン酸の効果とは?

  • 保湿
  • アンチエイジング
  • しわ、たるみ改善
  • バリア機能回復

ヒアルロン酸には水分保持能力があるので、保湿効果があることが有名です。

そして、ハリを出すコラーゲンとエラスチンの隙間を埋めるよう働くので、ハリを回復させて、若々しい肌にすることもできそうです。

  • 女性ホルモンバランス調整
  • 関節痛改善
  • 視力改善

ヒアルロン酸は美容効果だけでなく、健康効果もあることでサプリメントもあります。その場合も分子量が小さい低分子ヒアルロン酸が吸収されやすいので、効果的です。

低分子ヒアルロン酸の市販の形状とは?

低分子ヒアルロン酸は抽出した時には粉末です。それを水分や他の美容成分と加工して作られます。水分を保持する働きがあるので、水分を含むとドロドロとしたジェル状になります。

サプリメントやドリンクなど飲む物としても販売されていますし、化粧品では化粧水、クリーム、美容液など様々なものに含まれています。

低分子ヒアルロン酸配合の代表商品とは?

ピーチローズ

お尻の黒ずみを改善できることで人気のジェル。低分子ヒアルロン酸と高分子ヒアルロン酸を一緒に含むことで、外からも内からもうるおいを与えることができ、黒ずみを改善しながら、プルプルのお尻にすることができます。

>>ピーチローズの口コミを見る

アスタリフト モイストローション

アスタリフトはフジフイルムの独自のナノテクノロジーで、美肌成分である「アスタキサンチン」をしっかりと浸透させて、ハリを取り戻してくれるエイジング化粧品です。

コラーゲンなどの美容成分も浸透しやすいものが配合され、みずみずしさと透明感、ハリや輝きのある健康的な肌を目指すことができます。

ミュノア―ジュ モイスチュアチャージローション

皮膚科医が開発したドクターズコスメであるミュノア―ジュ。ハリに必要なペプチドを7種厳選したエイジングケア化粧品です。高い浸透力のある低分子のヒアルロン酸が、内側からふっくらとした肌にしてくれます。

皮膚科医が本当に必要なものだけを使い、優しい処方でできているので、肌が敏感で悩んでいる人でもハリを実感することができそうです。

低分子ヒアルロン酸の危険性とは?

ヒアルロン酸の製造方法に気を付ける

ヒアルロン酸には天然と人工のものがあります。注意が必要なものは、人工で作られているものです。天然のものは、鶏のトサカから抽出されています。

人工ヒアルロン酸は、乳酸菌、アメーバなどの単細胞生物、など微生物を使って作られる「バイオヒアルロン酸」というものがあります。

中にはストレプコッカス(溶結性連鎖球菌)という、体内に入ると中耳炎や扁桃炎などを起こしてしまうような有害な生物を使っていることもあるとのこと。安全性は研究されていますが、不安です。

大量にヒアルロン酸を作れるメリットがあるようなので、安価な製品の製造方法には注意が必要です。

低分子にする方法に注意

天然のヒアルロン酸でも、低分子にするためには人工的な力が必要になります。方法には、

  • 高温で処理する
  • 化学薬品を使って溶かす
  • 酵素の働きを使う

などの方法があります。高温や化学薬品処理する方法は安く低分子ヒアルロン酸を作ることができます。

しかし、この2つの方法だと、分子の形が変形してしまい、新鮮さが失われ、ヒアルロン酸が本来持つ保湿効果がすくなくなってしまいます。

化粧品として肌に直接塗るものなので、化学薬品を使用して加工されていても不安が残ってしまいます。

一番安全で安心できるのは、酵素を使って低温でじっくりと抽出する方法でしょう。

副作用とは?

低分子ヒアルロン酸自体には、特に副作用があるものではありません。

安全な成分だと言われています。ただ、アレルギー反応を起こすことが稀にあるので、肌に塗った時に何か異常を感じるようなことがあれば、使用を止めるようにしましょう。

また、サプリメントで飲む場合は過剰に飲みすぎると、肝臓や腎臓に負担をかけることもあるので、過剰摂取をしないようにしましょう。

低分子ヒアルロン酸で水分を保持しよう

低分子ヒアルロン酸は、水分保持をする働きのあるヒアルロン酸を人工的に分子量を小さくして、浸透力を高めたものです。

アンチエイジング効果、保湿効果が高い化粧品に配合されていることが多いようです。

副作用はほとんどない安全なものですが、品質を考えると抽出方法や低分子に分解する方法をチェックすると良いでしょう。

低分子ヒアルロン酸によって肌の内側へ浸透させて、うるおいやハリのある肌を手に入れましょう。