低分子ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は多くの化粧品に含まれているので、「肌に良いもの」というイメージがありますよね。

その中でヒアルロン酸にも種類があり、低分子ヒアルロン酸は肌への浸透も良いことで化粧品に含まれていることが多いのです。

低分子ヒアルロン酸は肌はどのように肌に良い作用をもたらしてくれるのでしょうか?低分子ヒアルロン酸の効果に迫ってみましょう。

低分子ヒアルロン酸とは?

低分子ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の分子量を小さくさせたものです。それは、もともとのヒアルロン酸の分子が大きいので、肌へ浸透することができないからです。

低分子ヒアルロン酸に対して、高分子ヒアルロン酸と言われます。

低分子ヒアルロン酸は分子を小さくすることで、肌へ浸透吸収しやすくなるのです。

>>低分子ヒアルロン酸の特徴について見る

低分子ヒアルロン酸の肌への効果効能とは?

保湿効果

ヒアルロン酸の特徴は保水力です。そのヒアルロン酸が減ってしまうと、肌の水分量が減少してしまいます。

そうなると、乾燥して皮膚表面のきめが乱れ、赤みがでたり、かゆくなったりする肌荒れの状態になります。

そこで、角質層でとどまってしまう高分子ヒアルロン酸とは違い、肌内部の減少したヒアルロン酸を補い保湿することができます。

アンチエイジング効果

皮膚は表皮、真皮、皮下組織と3つの層に区分されています。

肌のハリと弾力を保っているのは、真皮の部分にあるコラーゲンやエラスチンなどの繊維状のタンパク質と、その間を埋めているゲル状のヒアルロン酸なのです。

ヒアルロン酸が減少してしまうと、すかすかのスポンジのようになってしまい、しわやたるみができてしまうことになります。

低分子ヒアルロン酸を補うことで、ハリを取り戻し若々しいうるおいのある肌になり、アンチエイジングになるのです。

バリア機能回復

低分子ヒアルロン酸は角質層にまで浸透することで、真皮の細胞に働きかけて高分子ヒアルロン酸の生成を促進すると考えられています。

高分子ヒアルロン酸は肌表面に留まり、肌を保護するバリア機能があります。

よって低分子ヒアルロン酸は皮膚内部の水分保持力を高めながら、バリア機能を回復させて、肌に柔軟性を与えることが期待できます。

低分子ヒアルロン酸の効果を上げるためには?

低分子ヒアルロン酸は肌にうるおいを与えてくれます。しかし、効果を上げるためには、コラーゲンも一緒に含まれている方が良いと言われています。

コラーゲンも美肌に良い成分として認知度が高いですよね。コラーゲンは網目状の繊維です。

そのコラーゲンが不足していると、ヒアルロン酸が浸透したとしても、しっかりと肌に留まることができず、保湿力も発揮されないというのです。

ヒアルロン酸とコラーゲンはバランスよく保つことが必要のようです。

低分子ヒアルロン酸は水分保持力がある

低分子ヒアルロン酸の効果は水分を保持する力があるということ。

高分子ヒアルロン酸は肌の表面でうるおいを閉じ込める働きをしますが、分子が小さい低分子ヒアルロン酸は肌内部に浸透して保湿、アンチエイジング、バリア機能回復などの効果があります。

コラーゲンと一緒に取ることで、相乗効果でうるおっていながら、ハリも弾力もある若々しい肌になることができそうです。

低分子ヒアルロン酸で乾燥知らずのプルプル肌になりましょう。