グリチルリチン酸2Kとは

グリチルリチン酸ジカリウムという成分を聞いてことはありますか?なんだか長くて難しそうな名前です…化粧品にも含まれているものなのです。

では、どのような作用で肌に良い影響を与えてくれるのでしょうか?また、副作用などのリスクはないのでしょうか?

聞きなれないかもしれないグリチルリチン酸ジカリウムについて見てみましょう。

グリチルリチン酸ジカリウムとは?

特徴とは?

グリチルリチン酸とは、甘草(かんぞう)の根に含まれている成分です。漢方の原料として知られています。

グリチルリチン酸は水に溶けにくいので、水に溶けやすいようにをカリウムと化合させてできているのがグリチルリチン酸ジカリウムです。英語表記では「dipotassium glycyrrhizate」となります。

古くから口内炎や喉の炎症を抑えるために使われてきており、抗炎症作用、抗アレルギー作用があります。医薬品や化粧品で多く使用されています。

化学物質のように聞こえますが、植物由来の天然成分なので、安心して使える成分だと言われています。

肌への効果とは?

  • 黒ずみ改善
  • ニキビ改善
  • 赤み、炎症を抑える

グリチルリチン酸ジカリウムは炎症やアレルギーを抑えて、雑菌の繁殖を防ぐことができるので、肌を正常で、健康な状態にしてくれるのです。

敏感肌やアレルギー反応が出やすい人にでも使える化粧品に利用されています。乾燥肌、敏感肌、オイリー肌の人におすすめです。

肌への効果以外では

  • 消炎作用
  • 解毒作用
  • 育毛効果

殺菌、抗炎症、消炎作用があることから、風邪薬や胃腸薬、目薬など医薬品にも多くふくまれ、医療分野でも使用されています。

頭皮の炎症を抑えて、ふけやかゆみを抑えたり、皮脂を抑えたりすることから、シャンプーや育毛剤などにも含まれています。

市販の形状とは?

グリチルリチン酸ジカリウムは原料としては、結晶性の粉末をしています。水に溶けやすくなっているので、石鹸のような個体から化粧水、クリームなど、いろいろな形状で販売されています。

グリチルリチン酸ジカリウム配合の代表化粧品とは?

ピューレパール

ピューレパールはワキやお尻などの黒ずみを改善するための薬用ジェルです。摩擦による刺激などによる炎症を抑え、さらに保湿や美白をしてくれるのです。

>>ピューレパールの口コミを見る

ディセンシア サエル

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門のブランドです。歴史ある化粧品メーカーであるポーラの研究所で、開発されている安全性が高い化粧品です。

敏感肌の人は、美白化粧品は刺激が強く使えないとあきらめている人でも効果を感じることができるのです。

肌の弱ったバリア機能を整えて、正常なターンオーバーを回復させながら、美白成分を浸透させてくれます。

dプログラム

dプログラムは老舗化粧品メーカー資生堂の、敏感肌用の化粧品です。季節や生活の変わり目に繰り返すような敏感肌を予防してくれます。

肌を守りながら、育み、肌荒れを繰り返さないような素肌を目指せます。肌悩みに合わせて、バランスケア、アクネケア、モイストケア、エイジングケアと4つのタイプから選べます。

全品デリケートな肌を考えて、低刺激、厳選成分など、こだわって作られています。

グリチルリチン酸ジカリウムの危険性とは?

グリチルリチン酸ジカリウムは、1日の摂取量が40mgを超えると、偽アルドステロン症という症状が現れる可能性があります。過剰に摂取した場合は、手足のしびれ、むくみ、頭痛、吐き気などの副作用が現れるとされています。

それは、グリチルリチン酸ジカリウムは副腎皮質ホルモンである「ステロイド」と似た効果を持つと言われているからです。

ステロイドと聞くと、副作用が強いイメージがあるので怖くなってしまいますよね…

しかし、これは服用した時に起こる副作用の症状です。化粧品のグリチルリチン酸ジカリウムの含有量は100gあたり0.5%未満と、薬事法で決められているので、肌に塗っている限りでは、副作用の危険はありません。

グリチルリチン酸ジカリウムは安心の成分

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症、抗アレルギー作用があり、化粧品にも多く含まれています。

名前にカタカナが多く化学物質のようですが、植物由来の成分なので安心して使うことができます。心配される副作用も、化粧品として使用している分には問題はありません。

肌荒れ、肌の赤みなどを防いで、ターンオーバーが正常な健康な状態にしてくれます。その他の美容成分の浸透も良くなるので、美白効果や保湿効果も高まりますね。

グリチルリチン酸ジカリウム配合の化粧品は敏感な肌やニキビで炎症がある肌でも安心して使うことができそうです。