グリチルリチン酸2Kの効果・効能

肌の黒ずみが気になる部分はありませんか?お尻やワキなど、気が付くと肌が黒くなっていて驚いた…という人は実は多いのです。

そんな黒ずみを改善するためのケア化粧品にグリチルリチン酸ジカリウムが配合されていることがあります。

黒ずみに効果があるのでしょうか?グリチルリチン酸ジカリウムに美白効果があるのか、効果効能についてご紹介します。

グリチルリチン酸ジカリウムの効果効能とは?

美白効果とは?

グリチルリチン酸は黒ずみを改善するような美白効果がある化粧品にも含まれていることが多くあります。

美白成分に多い作用には、シミや黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制するというものです。

しかし、グリチルリチン酸ジカリウムには、そのような美白効果があるわけではないのです。では、どうして美白化粧品に含まれているのでしょうか?

それは、肌荒れを防ぐ抗炎症作用や抗アレルギー作用があるからです。

>>グリチルリチン酸ジカリウムの特徴について見る

肌が炎症を起こしていたり、敏感になっていたりすると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなりますし、美白成分の浸透もしなくなってしまいます。

グリチルリチン酸ジカリウムによって、肌の状態を正常に保つことができるようになるので、刺激に強く、健やかな肌になりシミや黒ずみができにくい肌になります。

そして、ビタミンCやアルブチンなど美白効果の高い成分と一緒に使用することで、相乗効果が見られます。

黒ずみへの効果とは?

黒ずみの原因もメラニン色素が生成されることで起こります。肌に摩擦や圧迫などの刺激が加わることで、肌を強くするためにメラニンが発生するのです。

また、洋服などで蒸れることによって、ニキビができ、ニキビ跡になることでも肌が黒ずんで見えてしまいます。

グリチルリチン酸ジカリウムはメラニンに働きかけるものではありませんが、ニキビの炎症を抑えて、ニキビを改善させる効果があり、黒ずみに効果があります。

グリチルリチン酸ジカリウムによって、外からの刺激を鎮静させ、雑菌の繁殖も抑え、黒ずみ改善しやすい状態にできます。

グリチルリチン酸ジカリウムは黒ずみに効果あり!

グリチルリチン酸ジカリウムは、美白化粧品に良く含まれていますが、メラニンの生成を抑えるような美白成分ではありません。

しかし、肌荒れを防ぎ、肌のターンオーバーを正常にして、黒ずみやシミができにくい肌にすることができるのです。

また、美白成分が浸透しやすい肌にしてくれるので、美白効果が高まります。効果的に美白をしたい、肌荒れが気になる人にはオススメの成分です。

グリチルリチン酸ジカリウム自体には、肌を白くさせる効果はなくても、黒ずみやシミの改善をサポートしてくれる成分なので、効果ありです。