成分のアルブチンとは

アルブチンという成分を聞いたことがある人は多いかもしれません。美白の化粧品に良く使われていますよね。

肌を白くしてくれるものなのでしょうか?私達に良い影響をもたらしてくれるものなのでしょうか?

しかし、どのような成分なのかを詳しくは知らない人も多いと思います。アルブチンの特徴や危険性など、詳しく見てみましょう。

アルブチンって何?

特徴とは?

アルブチンはコケモモや梨、りんごなどの植物に含まれている「天然型フェノール性配糖体」という成分です。英語表記では(Arbtin)となります。

シミや黒ずみの原因となるメラニン色素の合成に関わるチロシナーゼという酵素を阻害する作用で、メラニンの発生を抑制してくれます。よって、美白効果があるのです。

美白に効果的な成分には、「肌の漂白剤」と言われるハイドロキノンがあります。できてしまったシミやそばかすを失くすということに関して言えば、効果は高いのですがどうしても肌刺激が強いというデメリットがありました。

その点、アルブチンは肌への刺激が少ないので、肌が弱い人でも美白できるようになりました。

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類があります。1989年に厚生労働省が美白成分として承認されています。

>>アルブチンの種類を見てみる

効果とは?

  • 黒ずみ、シミ、くすみ予防
  • 色素沈着防止
  • 紫外線による皮膚損傷防止

シミやくすみ、黒ずみに美白効果があることで用いられるアルブチンですが、すでにできてしまっているものには、効果が少なくなります。

あくまでもこれからできるシミや黒ずみの予防をする効果が高い成分なのです。

市販の形状とは?

アルブチンは原料としては、粉末で販売されることもあります。市販されているものは、化粧水、美容液、クリームなど様々な形状で販売されています。

アルブチンが含まれている商品とは?

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみケアとして人気の高いジェルクリームです。アルブチンやプラセンタ、グリチルリチン酸ジカリウムなどを含み、美白しながら、肌状態を整え、肌の黒ずみを改善してくれます。

肌に優しい成分を使っているので、顔のケアにも使えます。

>>ピーチローズの口コミを見てみましょう。

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトは富士フイルムから販売された、エイジングケアコラーゲン化粧品で人気になった「アスタリフト」から発展した、美白ラインです。

美白有効成分であるアルブチンを始め、ビタミンC誘導体が配合されています。

富士フイルムのオリジナルのナノ技術によって、美白成分がしっかりと浸透するようにできています。

アンプルール

アンプルールは皮膚の専門家が開発した美白化粧品です。

夜用の美容液として、安定型ハイドロキノンで集中的にケアをして、日中の美白には、アルブチン、ビタミンC誘導体、保湿成分が含まれた美容液で透明感やうるおい、活力を与えてくれます。

ネットや雑誌の美白化粧品ランキングで常に上位に来るなど、圧倒的な支持がある効果の期待できる化粧品です。

アルブチンには副作用などの危険性がある?

副作用とは?

アルブチンは非常に安全な成分とされていて、重篤な副作用が起こる報告はありません。ハイドロキノンでは、「白斑」などのトラブルが出る場合があります。

現在販売されている美白化粧品に含まれているアルブチンに危険性は全くないと言ってよいでしょう。

しかしながら、全くの無害というわけではありません。かゆみや赤みが出るなどのアレルギー反応を起こす場合はあります。天然由来のβアルブチンよりも、αアルブチンの方がアレルギーはできやすいとされています。

それは、αアルブチンはハイドロキノンとブドウ糖を結合させてできた合成のものだからです。

アルブチン配合の化粧品を使っていつもと違う異常を感じた場合はすぐに使用をやめるようにしましょう。

妊娠中にも使える?

妊娠中にはホルモンバランスが崩れるために、シミやそばかすなどができやすくなってしまいます。仕方がない部分はあるのですが、気になりますよね…

ハイドロキノンは刺激が強くて妊娠中や授乳中には使用を控えた方が良いですが、アルブチンは安全性が確認されています。

妊娠中の美白ケアもアルブチン配合の化粧品なら安心です。

アルブチンは刺激の少ない美白成分

アルブチンは、メラニン生成の元となるチロシナーゼを阻害するので、メラニンの発生を抑え、美白効果を得ることができます。肌への刺激が少なく安全性が証明されている成分です。

多くの美白化粧品に使われていて人気です。黒ずみやシミの発生を抑えて、白い肌にすることができます。

アレルギー反応が全く出ないわけではありませんが、重症化するような副作用はありません。妊娠中の人でも美白ケアをすることもできます。

アルブチンによって、肌が弱い人でも美白化粧品にチャレンジができそうです。