アルブチンの黒ずみ効果

白い肌は女性にとって大切なもの。顔のシミやくすみも気になりますが、お尻やワキの黒ずみなど、身体のどこでも黒ずんだ肌があると嫌ですよね…

そこで、美白化粧品の有効成分として配合されているアルブチンをご存じでしょうか?黒ずみにどのような効果や効能を発揮してくれるのでしょうか?

アルブチンの黒ずみや美白への作用をご紹介します。

アルブチンの効果効能とは?

アルブチンの種類とは?

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類があります。昔から化粧品などの配合されていたのは、βアルブチンの方でした。

αアルブチンは近年の研究開発によって作られた成分です。

βアルブチン

βアルブチンはコケモモや梨などに含まれる天然植物から抽出されています。

αアルブチン

αアルブチンは「肌の漂白剤」と言われるハイドロキノンとブドウ糖を結合させて作られている合成の成分です。

ハイドロキノンを安定化させて安全性が高くなったものです。βアルブチンと比べると肌への浸透が良く、約10倍も美白効果が高いという報告があります。

美白効果とは?

アルブチンにはシミやくすみ、そばかすや黒ずみなどの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる効果があります。

>>アルブチンの特徴を見てみる

美白効果と言っても、すぐに肌を真っ白にさせるわけではありません。アルブチンは、ハイドロキノンよりも今あるシミを薄くさせるという効果は少なくなります。

シミや黒ずみなどをできにくい状態にしたり、今あるシミやシミの予備軍を濃くさせないようにしたりと、透明感のある肌にしていくことができるのです。

アルブチンにはビタミンCとの相性が良いと言われています。ビタミンCには、メラニンの生成を抑える働きもありますし、肌のターンオーバーを整える作用もあります。

アルブチンとの相乗効果で肌の美白効果が高まるので、化粧品にもアルブチンとビタミンCは一緒に使われることが多いようです。

黒ずみへの効果とは?

黒ずみの原因はいろいろなものがあります。ニキビができることで、ニキビ跡が残ってしまったり、下着や洋服などの刺激によってできたりとあります。

ニキビ跡も摩擦による刺激で出来た黒ずみも、肌を守るために生成されたメラニン色素によるものです。

出来てしまった黒ずみには即効性はありませんが、アルブチンによってメラニンの生成を抑えて、黒ずみを予防するケアが大切なのです。

アルブチンには炎症を抑える効果はないので、赤みや蒸れでかゆみがあるなどの時には、抗炎症作用がある「グリチルリチン酸ジカリウム」のような成分が配合されたものを一緒に使うと良いでしょう。

>>グリチルリチン酸ジカリウムの特徴について見る

アルブチンは美白効果がある

アルブチンはメラニン色素の生成を活性化させる働きのあるチロシナーゼを抑えて、メラニンの発生を防ぐという美白効果のある成分です。

シミや黒ずみを失くすということに関してはハイドロキノンの方が効果が高いですが、刺激が少なく、安全性が高いのはアルブチンなのです。

アルブチン配合の化粧品を使うことで、黒ずみやシミを作らせない、透明感のある肌になれそうです。アルブチンで色白肌を目指しましょう。