お尻の黒ずみに効果があるといわれているクリームはいくつかあります。

その中で実際のおすすめはどれなのか比較してみた結果「薬用ピーチローズ」が1番でした。

1番黒ずみに効くおすすめは薬用ピーチローズ

1つ1つ比較していった結果をまとめた簡易表をご覧ください。

価格特典成分
ピーチローズ
ハーバルラビット
イビサクリーム

ピーチローズは価格も安いですし、注目成分であるアルブチンを主としていますので、1番おすすめできます。

ピーチローズの公式サイトをみる

比較した3つの商品

お尻の黒ずみについて調べていれば必ず1度は目にしたことがある3つの商品で徹底比較しました。

  1. 薬用ピーチローズ
  2. ハーバルラビット
  3. イビサクリーム

1番長く販売されているピーチローズから最近出てきたハーバルラビット、この商品名見たことありませんか?

この有名な3商品を価格や配合されている有効成分、特典で比較していきたいと思います。

ピーチローズ、ハーバルラビット、イビサクリームの各メリット・デメリット

分かりやすく各商品の良いところと悪いところをまとめました。

ピーチローズ

良いところ

  • 黒ずみ有効成分「アルブチン、プラセンタ」配合
  • 60日間返金保証がある
  • @cosmeの評判が1135件もあり、5.3点/7点
  • 容量が60gと多い
  • 日本製、無添加

デメリット

  • 他の2商品と比べて900円ほど価格が高い
  • 定期の解約が3回目以降でないと出来ない

ハーバルラビット

メリット

  • 黒ずみ有効成分「プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2K」配合
  • 60日間返金保証がある
  • 日本製、無添加

悪いところ

  • 容量が35gとお尻に使うには少ない
  • 定期の解約が3回目以降でないと出来ない

イビサクリーム

メリット

  • 黒ずみ有効成分「トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K」配合
  • 28日間返金保証がある
  • 日本製、無添加

デメリット

  • 容量が35gとお尻に使うには少ない
  • 定期の解約が3回目以降でないと出来ない

3商品同じような特典が付いています。
ただ容量と有効成分は全く別物です。

3商品を徹底比較!

それでは、3商品「ピーチローズ、ハーバルラビット、イビサクリーム」を比較していきます。

比較する項目は3つ

  1. 価格
  2. 特典
  3. 有効成分

価格で比較した表

価格で3つの商品を比べてみましょう。

単品定期定期2回目
ピーチローズ10,000円5,195円5,695円
ハーバルラビット7,000円4,250円4,750円
イビサクリーム7,000円4,470円4,970円

どのケアクリームも通常購入(単品)は、非常に高額です。

定期購入前提の価格設定なのでしょう。

実際定期購入だと一番安いのは、ハーバルラビットです。
ちなみに定期2回目とは、初回購入金額は500円安くなっています。なので定期2回目と書かれた金額が毎月の定期購入金額となります。

それまでにお尻の黒ずみが治るといいのですが、消えてきたかな。と実感できるようになるのは使用してから2ヶ月ほど経ってからです。

ただし1gあたりの金額でいうとピーチローズが1番安くなります。

内容量定期2回目1gあたり
ピーチローズ60g5,695円94.9円
ハーバルラビット35g4,750円135.7円
イビサクリーム35g4,970円142円

やはりお尻という広い範囲のケアクリームですから容量は重要です。
見た目の価格よりも1gあたりいくら掛かるのか。を把握しておきましょう。

結果1番安いのはピーチローズです。

特典で比較

各商品の特典で比べてみましょう。

特典
ピーチローズ60日間返金保証
ハーバルラビット60日間返金保証
イビサクリーム28日間返金保証

特典としてはどの商品もほとんど変わりません。

イビサクリームのみ28日間返金保証と期間が短いです。

黒ずみへの成分で比較

最後に黒ずみへの有効成分で比較しましょう。
1番効果があるかどうかの大事な項目です。

有効成分保湿成分
ピーチローズ水溶性プラセンタ、アルブチントレハロース、コラーゲン、ヒアルロン酸
ハーバルラビット水溶性プラセンタ、ビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2Kトリプルヒアルロン酸、セラミド、トレハロース、コラーゲン
イビサクリームトラネキサム酸、グリチルリチン酸2Kヒアルロン酸ナトリウム、シロキクラゲ多糖体

有効成分の各説明を紹介します。

説明
プラセンタメラニン色素の生成に関わるチロシナーゼの働きを抑える。また、活性酸素を除去する働きがあるので、メラニン色素による黒化を防ぐ作用がある。
アルブチンハイドロキノンを安定化させて安全性が高くなったもの。黒ずみなどの原因となるメラニンの生成を抑えてくれる効果がある。
ビタミンC誘導体メラニン色素の生成を抑制する。また黒くなってしまったメラニン色素を還元する
グリチルリチン酸2K皮膚の炎症を抑える効果があり、刺激が減るためメラニン色素の発生を抑えてくれます。
トラネキサム酸「プロスタグランジン」などをブロックすることで、メラニンの生成を抑えて、シミや黒ずみを予防。

有効成分で注目したいのが、アルブチンです。
ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれ、濃度が高いものは処方薬でしか使えません。

そのため安全性が高く黒ずみへの改善効果も期待できるアルブチンは優れた成分と言えます。

次に注目したいのがグリチルリチン酸2Kです。
いろいろ賛否があるのですが、ステロイドと同じ様な作用があり肌への悪影響がある。とも言われています。

そのため当サイトではグリチルリチン酸配合を押し出しているクリームはあまりおすすめしていません

ただ化粧品に使用されているグリチルリチン酸2Kは薄い濃度でしか使われていませんから副作用がでるほどのものとは言えないでしょう。

比較した結果、1番お尻黒ずみにおすすめのクリームは?

3つの項目を比較したまとめとしては、ピーチローズが優秀です。

  1. 定期購入だけを見れば「ハーバルラビット」が4,750円と最安値
  2. 1gあたりで見ると「ピーチローズ」が94.9円と圧倒的に安い
  3. 特典はどれも返金保証が付いていて安心して試し購入が出来る
  4. 有効成分アルブチンが含まれるのはピーチローズのみ

簡単に良し悪しを見れるように表で見ましょう。

価格特典成分
ピーチローズ
ハーバルラビット
イビサクリーム

ピーチローズの公式サイトをみる