ピューレパールの副作用

ピューレパールはお尻の黒ずみに効果があることで注目されています。もともとはワキの黒ずみに効果があるということで人気になっているものです。

肌に優しいと言われていますが、効果が実感できる成分が配合されているというのは、作用が強いので、副作用があるのでは?と気になるかもしれません。

ピューレパールには副作用につながるような危険な成分が入っていないのかを調べました。

ピューレパールの副作用とは?

副作用報告はない

ピューレパールには、今のところ重篤な副作用の報告はありません。ただし、肌に合わずに、かゆみや赤みが出るなどの症状が出る場合はあります。

それは、体調やもともとの肌質にもよるものなので、使用を止めれば治まることがほとんどです。重症化することはないので、心配はないようです。

肌に優しい処方

ピューレパールは肌刺激になるようなものは含まれない、無添加の医薬部外品です。赤ちゃんでも使えるほど優しい処方です。

一つ一つ丁寧に品質管理を行い、国内の工場で製造されているので安心で安全です。

ピューレパールの危険成分とは?

トレハロース

トレハロースは酵素や海藻、キノコ類にも含まれています。水分保持力や保湿力があるものです。

食品添加物として使われていることから、身体に悪いと思われるかもしれませんが、毒性はなく安全なものとされています。

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールは防腐剤として使われています。防腐剤としてよく使われているパラベンの代わりとして使われているようです。

玉露や緑茶などの天然成分として存在している成分なので、安心というイメージがあります。

ただ、中には肌刺激を感じる人もいるようなので、かゆみや赤みが出るような場合があれば、使用を止めるようにしましょう。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは抗炎症作用があることで、肌の健康を保つ働きがあり、黒ずみに効果を発揮してくれます。

そのグリチルリチン酸は服用する時には、副作用の危険があるとのことなのです。ピューレパールでは大丈夫なのでしょうか?

ただし、ピューレパールは肌に塗布するだけで、濃度も薄いので、副作用の心配はしなくても良いようです。

>>グリチルリチン酸ジカリウムの副作用について知ろう

ピューレパールの使用場所とは?

ピューレパールはワキの黒ずみを気にする人に作られたものです。しかし、肌に優しく作られているので、全身に使うことができます。

  • ひじ
  • ひざ
  • 背中
  • ビキニライン
  • バストトップ

黒ずみが気になる、あらゆる場所にピューレパール一つでケアできるのは、万能ですね。

>>ピューレパールの部分別の効果について見る

ピューレパールは副作用がなく安全!

ピューレパールには重篤な副作用の報告はありません。国内の工場で徹底した管理の元で作られている、安心で安全な医薬部外品なのです。

ピューレパールに含まれている成分には危険なものはありませんが、気になるという成分もありました。しかし、特に問題があるものではありません。

ただし、肌に優しいと言われている成分でも肌荒れを起こしてしまう人もいます。異常を感じれば使用を止めましょう。敏感肌の人は念のためにパッチテストをしてみるのも良いでしょう。

パラネージュの公式サイトはこちら
>ピューレパールの口コミで評価をみる