サンダルやミュールを履く季節になると、足の甲の部分が多く出ることがありますよね。そして、気が付くと、「なんだか黒い?」と驚くことがあるかもしれません。

足の甲を毎日気にして見ている人は少ないと思います。黒ずんでガサガサになって気が付くことが多いようです。

足の甲はどうして黒ずんでしまうのでしょうか?足の甲の黒ずみの原因と解消方法をご紹介します。

足の甲の黒ずみの原因

日焼け

足の甲は地面から近く、照り返しまで当たり、多くの紫外線を受けていることになるのです。

しかし、足の甲は、日焼け止めを塗り忘れることが多いのです。よって、サンダルやパンプスを履いた時に、そのままの形が日焼けの跡として残ってしまうことも多いのです。

足の先まで、日焼け止めを塗ることを忘れないようにしなければなりません。

正座

日本人の生活習慣も欧米化をしてきてはいますが、やはり、正座をする機会もありますし、床に座るということも多くあります。

正座をすると、足の甲は床に当たり、体重がかかることになります。その刺激と圧迫によって、肌を強くするためにメラニンが生成され、角質も厚くなってしまうのです。

そして、足の甲が黒くてガザガザの状態になってしまいます。

靴の形

私達は毎日何か靴を履いていると思います。

スニーカーやブーツのようにすっぽりと足全体を包むような靴だと良いですが、パンプスやサンダル、スリッパなどの靴を履くことで、足の甲のどこかに摩擦や刺激が加わっています。

たくさん歩いた後に、靴を脱ぐと足に型が付いていませんか?同じ靴で同じ場所に刺激が加わり続けると、その部分に黒ずみができやすくなってしまいます。

乾燥

足の甲はもともと皮脂も汗も出にくいので、乾燥しやすい場所になります。そして、女性は冷え性の人も多いと思いますが、足先は血行不良になりやすいのです。

血流が悪いと、肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまい、古い角質が溜まりやすく、メラニンの排出もされにくくなり、黒ずんでガサガサした硬い肌になってしまいます。

足の甲の黒ずみの解消方法

保湿ケア

保湿をすることによって、肌のターンオーバーを正常に作用させることが、黒ずみのケアには大切です。毎日、保湿効果の高い、クリームやジェルなどを塗るようにしましょう。

また、角質が厚くなってしまっている場合は、ピーリング効果のある化粧品を使うことも効果的です。ピーリングジェルや石鹸、スクラブなどがあります。

>スクラブの効果について見る

ゴシゴシとこすって無理に黒ずみを取ろうとしてはいけません。角質を柔らかくして、古い角質を徐々取っていくことで、保湿成分も浸透しやすくなります。

毎日の積み重ねが大切なので、コツコツと保湿ケアをしっかりとするようにしましょう。

座り方に気を付ける

正座は足の甲を圧迫してしまいます。正座に限らず、畳や床に座る文化がある日本人は、足の甲を下にして座っていることも多いのではないでしょうか?

無意識にしている場合が多いので、床に座る時には足の甲の負担を軽くできるように姿勢を変えてみる、できるだけ椅子に座るようにする、など気を付けてみましょう。

靴を選ぶ

靴を履かずに生活することはできませんが、足の甲の黒ずみができないように工夫をすることはできます。

まずは自分に合ったサイズの靴を選びましょう。小さすぎても、大きすぎても、足に当たる靴の部分でこすれたり、圧迫されたりして刺激になってしまいます。

そして、できるだけ、毎日同じ靴を履かないようにしましょう。同じ部分に負担がかかり続けることで、黒ずみが増えてしまうのを、避けるためです。

マッサージをする

足先はどうしても血行が悪くなってしまいがちです。よって、ふくらはぎから足の甲、足の裏などをマッサージすることで、血行が良くなり、肌の代謝も上がりやすくなります。

足のむくみにも効果的です。お風呂で身体を温めた後に、マッサージをすると良いでしょう。

>お風呂上りにマッサージをすると良い理由について見る

強い力でし過ぎると、肌に摩擦になってしまうので、クリームやオイルなどを付けて優しくマッサージをしましょう。

クリニックを受診する

どうしても自分でのケアで効果が出ない場合は、皮膚科で治療することもできます。薬の処方をしてくれたり、レーザー治療を受けたりすることができます。

>黒ずみへの処方薬について見る
>レーザー治療の効果について見る

自分ではできないケアやアドバイスをしてくれるので、今まで効果がなかった人でも、黒ずみ解消できることもあります。

美容目的になるため、保険が適応されないので、コストは高くなります。自分がどのようにしたいのかしっかりと相談できるクリニックを選びましょう。

足の甲の黒ずみをきれいにしよう

足の甲が黒ずんでいると、足元のおしゃれも台無しになってしまいます。足の甲は乾燥もしやすく、靴や座り方によって、肌に負担がかかりやすい箇所なのです。

よって、肌を強く守るためにメラニンが生成されて、気が付けば黒ずんでいることになってしまいます。

保湿や美白、ピーリングなど自分でできるケアがあるので、しっかりと毎日足の甲のスキンケアをするようにしましょう。

そして、座り方や靴の選び方を見直して、できるだけ足の甲に刺激が加わらないような工夫をしましょう。

自分でのケアができない場合は、クリニックでの治療も受けることもできます。

足の甲の黒ずみをきれいにして、サンダルやパンプスもおしゃれに履きこなして下さい。