デリケートゾーンの悩みで多いのが、黒ずみ。他の人がどうしているのかも、なかなか聞けないと思いますが、肌の色で悩んでいる人は実は多いのです。

清潔にしていても、黒ずんでいるだけで汚い感じがしてしまいます。どうして黒ずんでしまうのでしょうか?

デリケートな部分だけに、どのようにケアをしていいのかわからないですよね。自分でケアはできるのでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみの原因と解消方法について調べました。

デリケートゾーンの黒ずみの原因

ショーツによる摩擦

デリケートゾーンは、毎日ショーツによって摩擦や刺激が毎日加わっています。締め付けがきつい、化学繊維のものなどは、肌に負担が大きくなってしまいます。

デリケートゾーンの肌は、他の部分に比べても、とても薄いので、刺激が加わりやすくなります。

刺激が加わると、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。そのため肌が黒くなってくるのです。

下着による蒸れ

下着で密閉された状態で汗をかくと、蒸れてしまい、それが原因でかゆみや炎症を引き起こしてしまうことがあります。

特に生理前のおりものが多い時、生理中でナプキンをしなければならない時は、蒸れとかぶれが多くなってしまいます。

炎症が起こると、刺激を受けたのと同じように、メラニンが生成されて黒ずみにつながってしまいます。

乾燥

デリケートゾーンの皮膚は、身体の中でもっとも角質層が薄くて敏感と言われています。よって、水分保持がしにくく、外からの刺激を受けやすいのです。

乾燥するというイメージはないかもしれませんが、デリケートゾーンは乾燥しやすく、保湿が必要な部分なのです。

乾燥することで、肌のターンオーバーもきちんと行われず、バリア機能も低下して、どんどん黒ずみになってしまうのです。

妊娠・出産

妊娠・出産をすると、急にデリケートゾーンの黒ずみが悪化することがあります。それは、出産に備えて、肌を強くするために、メラニン生成が活発になるように、女性ホルモンが働くのです。

デリケートゾーンだけでなく、乳首や脇など、他の部分でも黒ずみが見られることもあります。

出産後に、女性ホルモンのバランスが元に戻り、正常に肌のターンオーバーが働けば、元の肌色に戻っていきます。

デリケートゾーンの黒ずみの解消方法

ショーツを選ぶ

ショーツはデザイン重視で選んでしまいがちですが、肌のことを考えると、素材や形に気を付けた方が良いのです。

素材は通気性が良く、肌への摩擦が少ない、綿やシルクのような柔らかいもが良いでしょう。

>黒ずみに良い下着の選び方について見る

また、締め付けが少ない、ゆったりとした形のものを選ぶようにしましょう。ボクサーパンツが比較的締め付けが少ないので良いでしょう。

洗い方

デリケートゾーンは清潔に保つことが大切です。しかし、肌が薄くデリケートなので、ゴシゴシとこすってはいけません。

デリケートゾーンには、バリア機能の役割をする常在菌がいます。それを洗い流してしまうと、粘膜の部分の免疫力が落ちて、雑菌が増えてしまい、かぶれやかゆみの原因になってしまいます。

刺激の少ない弱酸性の石鹸で優しく洗うようにしましょう。デリケートゾーン専用の石鹸も販売されています。

保湿する

デリケートゾーンは乾燥しやすいので、保湿ケアをする必要があります。しかし、敏感な部分なので、刺激が少ないものを選ばなければなりません。

デリケートゾーン専用のクリームやジェルなどが販売されているので、それを使うのが安心でしょう。

美白成分が配合されているものもあります。デリケートゾーンに最適な美白成分はビタミンC誘導体やトラネキサム酸です。

肌の刺激が少なく、美白効果が期待できます。

>ビタミンC誘導体の効果について見る
>トラネキサム酸の効果について見る

即効性があるわけではないですが、継続して使うことで徐々に効果が見えてきます。

脱毛をする

デリケートゾーンの脱毛はビキニライン(V)、アイライン(I)、オーライン(O)と分けられます。

見た目がキレイになることで脱毛をする人もいますが、毛がなくなることで、蒸れが少なくなり、生理中に快適に過ごせることも人気です。

蒸れが少なくなることで、かぶれや炎症が少なくなります。また、自分でカミソリや毛抜きで処理をする必要もなくなるので、肌への負担がなくなり、黒ずみ改善になります。

クリニックで受診する

デリケートゾーンの黒ずみを早く改善したいという人は、クリニックに相談するのも良いでしょう。

処方薬やレーザー治療をしてくれます。デリケートな部分なので、専門の医師に処置をしてもらうのは、安心で効果が高いものになります。

>処方薬について見る
>レーザー治療の効果について見る

ただ、保険がきかない治療になるので、高額になることが多いでしょう。

デリケートな部分を他人に診せなければならないので、気になる人は、女性医師がいるところを探していくと良いかもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみはケアで治せる

デリケートゾーンの黒ずみは、いつも目に付くところではないですが、人に相談もできないし、どのように改善すれば良いのか分かりにくいので、気になります。

デリケートゾーンの黒ずみは下着による刺激や蒸れが大きな原因となります。

下着の素材を選ぶ、自分で保湿のケアをするなど、セルフケアでもデリケートゾーンの黒ずみは改善することができます。

脱毛をして、アンダーヘアを少なくすることで、蒸れを防いだり、自己処理の負担を軽くしたりすることができます。

また、自分でのケアができない、効果を早く出したいという人は、クリニックで治療することもできます。

まずは、肌の状態に合わせたケアを行ってみて下さい。徐々に黒ずみに変化が見られてくるでしょう。