夏になったら、半袖やノースリーブになることが多くなります。そこからちらっとのぞく、脇の下の肌…「黒ずんでいて手を上げられない」と思う人もいますよね。

ムダ毛処理は頑張ってしているけれど、肌が黒ずんでいて汚く見えては意味がありませんよね。

脇の黒ずみで悩む女性は実は多いのです。女性の脇はツルツルでキレイであって欲しいですよね。

脇の黒ずみの原因と解消法についてご紹介します。

脇の黒ずみの原因

脇のムダ毛処理

女性なら、脇に毛が生えているのを見られるのは、恥ずかしいですよね。次のようなムダ毛を処理していると思います。

  • 毛抜き
  • カミソリ
  • 除毛クリーム

そのキレイになるためにしていることが、実は肌には負担になってしまっています。毛抜きだと、無理やり引っ張ることによって、毛穴に炎症が起こることがあります。

カミソリや除毛クリームでは、肌を傷つけてしまったり、かぶれてしまったりしてしまうこともあります。

それらの刺激から、肌を守るためにメラニン色素が生成され、肌が黒ずんできてしまうのです。

制汗剤

脇に汗をかいてしまうのは、臭いや服の汗じみの原因になるので、気になります。そこで、良く使われるのが、制汗スプレーやクリーム、ジェルなどです。

手軽に使えて、脇を清潔に保つこともできますが、肌へ刺激が強いものもあり、使いすぎていると、肌が黒ずんでしまう原因となります。

脱毛

脇の毛は美容面に関して言うと、必要ないですよね。そこで人気なのが、医療レーザー脱毛や脱毛サロンでの脱毛です。レーザーや光などを使って、ずっと毛が生えてこないようにします。

レーザーや光は、毛のメラニン色素に反応し、その熱で毛の発育に関わる、毛母細胞の働きを停止させていきます。

毛の太さやレーザーの強さによっては、軽くやけどになった状態になることがあります。それが、原因で黒ずんでしまうことがあるのです。

また、脱毛後の肌は乾燥しやすくなってしまいます。保湿ケアをしなければ、毛はなくなっても、肌が荒れて、黒く見えてしまうということになりかねません。

毛穴詰まり

脇は汗や皮脂が出やすい部分です。脇の毛穴にも、古い皮脂や角質などの汚れが角栓となって、ぶつぶつに見えることがあります。

そして、皮脂が酸化することによって、黒ずみが目立つようになってきます。

>角栓と黒ずみの関係について見る

脇の黒ずみの解消法

脱毛をする

脇の黒ずみの原因に、「脱毛」をあげましたが、黒ずみの解消法にも「脱毛」はあげられます。

レーザーや光を使った脱毛で、肌にダメージが加わることはありますが、毛が生えてこなくなることで、自分でのムダ毛処理をしなくてよくなるからです。

カミソリや毛抜きの刺激が減ることで、黒ずみの原因となるメラニンの生成を抑えることができます。

レーザーや光での脱毛による、一時的な肌の黒ずみは、肌のターンオーバーが整っていれば、もとの肌色に戻っていきます。

スキンケアをする

脇のスキンケアをしている人は少ないかもしれません。しかし、ムダ毛処理や脱毛によって刺激を受けた肌は、メラニンによって黒ずみになっているのです。

そこで、肌のターンオーバーを正常にしたり、美白をしたりする化粧品を使ってスキンケアを行うようにしましょう。

脇のケアのための化粧品も販売されています。肌に負担が少なく、美白や保湿ができるものを選ぶと良いでしょう。

清潔に保つ

脇は汗も皮脂出やすい所なので、しっかりと毎日洗うようにしましょう。ゴシゴシと洗ってしまうと、肌に刺激になってしまうので、優しく洗うようにします。

スクラブは毛穴に詰まった角栓を取り除くこともできるのでおすすめです。

>スクラブの効果について見る

制汗剤は肌に刺激になってしまうので、頻繁に使わないようにしましょう。脇の汗を良く吸い取ってくれるような天然素材の下着を着るというような、工夫をすると良いでしょう。

最近は脇にパットがついて、しっかりと脇の汗を吸収してくれるような下着も販売されています。

脇の黒ずみは改善できる

脇の黒ずみは、脇をキレイに見せようとして、毛の処理を頑張りすぎてしまうことが大きな原因になります。

脇の処理をした後は、肌に大きなダメージを受けています。スキンケアをしっかりとして、肌を守りましょう。

また、完全に生えてこなくさせる、脱毛を行うのもムダ毛処理による肌負担を減らすことができるので、黒ずみケアになります。

脇の肌の負担を減らし、清潔に保つことで、脇の黒ずみは少しずつ改善されていきます。脇の肌のケアをして、堂々と手を上げられる脇になりましょう。