顔はツルツルした白い肌が理想ではないでしょうか?黒ずみがあるような顔は、考えただけで嫌ですよね。

顔の黒ずみは何が原因で起きているのでしょうか?そして、どうやって解消させると良いのでしょうか?

顔の黒ずみについてご案内していきます。

顔の黒ずみの原因

顔の肌が黒ずんで見えるのには、次のように、いろいろな原因があります。

顔の肌が黒ずんでいると、それだけで、顔の印象も悪くなってしまいますし、老けて見られてしまいます。

メラニンによる黒ずみ

炎症や紫外線など、肌に刺激が加わることによって、肌を守るためにメラニンが生成されます。

そうなると、肌が黒ずんで見えてきます。アトピー肌やニキビ跡、毛穴、角栓、シミやそばかすでの黒ずみに当てはまります。

>アトピーと黒ずみの関係について見る
>ニキビ跡の黒ずみについて見る

肌の状態での見え方による黒ずみ

肌が乾燥して肌荒れを起こしたり、ニキビ跡で凸凹としたりして、肌が滑らかでないことで、肌表面に陰影がついてしまい、黒ずんで見えることもあります。

>クレーターやしこりのニキビ跡について見る

また、血行が悪くなっていると、顔色がくすんで見えてしまい、全体的に黒く見えることもあるでしょう。

顔の黒ずみの解消方法

美白

メラニンが原因の顔の黒ずみの場合は、美白効果のある化粧品を選んで使用するようにしましょう。アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸など、多くの種類が販売されています。

メラニンの生成を抑えるように作用し、透明感のある肌にしてくれます。

>アルブチンの効果について見る
>ビタミンC誘導体の効果について見る
>トラネキサム酸の効果について見る

美白化粧品の中には、肌に刺激になる場合もあるので、自分に合ったものを選ぶようにします。

肌代謝を良くする

肌は約28日周期で生まれ変わっています。その肌のターンオーバーが正常に行われていれば、ほとんどの肌トラブルが改善されやすくなるのです。

黒くなったメラニンも外に排出されやすくなるので、美白につながります。水分保持能力も高まるので、乾燥による肌荒れも改善しやすくなります。

プラセンタやL-システイン、EGFなど、肌の代謝を促進し、再生能力を高めてくれる成分が配合された化粧品を使うと良いでしょう。

>プラセンタの効果について見る
>L-システインの効果について見る
>EGFの効果について見る

また、生活習慣も大切になります。規則正しい生活、栄養バランスの整った食事、ストレスを溜めないなど、身体全体の代謝を高めることで、肌の代謝も良くなります。

マッサージや入浴、適度な運動をして、血流を良くすることもおすすめです。

皮膚科を受診する

自分でケアをしても、なかなか改善が見られない場合は、皮膚科を受診すると良いでしょう。

自分では気付くことができなかった、原因が分かり、改善がスムーズに進むこともあります。

皮膚科では内服薬や塗り薬などの処方や、レーザー治療やケミカルピーリングなどを行ってくれます。

ただ、保険適応外の治療も多いので、コストが高くなってしまうこともあります。即効性があり、効果が高い場合がありますが、費用については相談するようにしましょう。

>黒ずみに対する処方薬について見る
>レーザー治療の効果や費用について見る
>ケミカルピーリングの効果や費用について見る

顔の黒ずみで顔の印象を変えよう

顔の黒ずみがあるだけで、顔の印象が暗くなってしまいます。女性は「色白肌が美人」という傾向が多いのではないでしょうか?

顔の黒ずみの原因は、シミやそばかすによる、くすみだけではありません。

毛穴や角栓、アトピーなど、メラニンが沈着して起こっているもの、肌荒れやニキビ跡での凸凹肌によって、影ができてしまうことなど、様々です。

自分の顔の肌は、何が原因で黒ずんで見えるのか、知ることが大切です。そして、それに合わせた肌ケアをしましょう。

自分で解決できない場合は、皮膚の専門家である皮膚科を受診するのもおすすめです。

顔の黒ずみを明るくして、顔の印象も透明感のある華やかなものにしていきましょう。