角栓と聞くと、鼻の毛穴の詰まりや、背中のぶつぶつなどで思い当たる人も多いのではないでしょうか?

毛穴パックで、「角栓をごっそりとる」というようなフレーズも耳にしたこともあるでしょう。

しかし、角栓は一体なぜできるのでしょうか?どうして黒ずみにつながるのでしょうか?角栓と黒ずみについて調べました。

角栓とは?

角栓は古くなった角質や皮脂が毛穴に詰まっていることです。表面が酸化することで、黒く見えることもあります。通常は肌のターンオーバーと共に、自然となくなっていくものです。

角栓はタンパク質である角質が約7割、脂質が約3割でできています。ニキビや毛穴の開きの原因にもなりますが、毛穴を外部からの細菌から守ってくれる働きもしています。

角栓が黒ずみになる原因

角栓が大きくなる

角栓は毛穴の中につまっていて、触るとザラザラとしています。それが気になって自分で取り除こうと、圧迫したり、こすったりすると、皮膚が過剰に反応して、皮脂をより多く生成しようとします。

そうなることで、角栓がどんどん大きくなってしまいます。角栓が皮脂によって酸化することで、黒くなり、大きくなっているとさらに黒ずんで目立つことになってしまいます。

毛穴のシミ

角栓がなくなっているのに、毛穴が黒くなったままになる時があります。それは、毛穴に角栓が長い間詰まっていたために、過酸化脂質へと変化して起こります。

そうなると、肌の老化を早める活性酸素が増えます。その活性酸素から細胞を守るために、メラニンが生成されて、毛穴がシミのように黒くなってしまうのです。

また、強い力を与えて角栓を取り除くような刺激を与えていることによって、毛穴の周りにメラニンが蓄積されるようになっているという場合もあります。

角栓の黒ずみの改善方法

正しいケア

無理に取り除こうとしてはいけません。はがして角栓を取るようなシート状のパックは、一時的に角栓がとれたように思うかもしれません。

しかし、毛穴が開いたままの状態になっているので、またそこに汚れが詰まっていき、角栓ができてしまい、悪循環です。

徐々に取り除いていく必要があります。肌を清潔に保ち、うるおいを与え、肌のターンオーバーが正常に行われるようにすると良いでしょう。

スクラブやピーリング効果のある石鹸などで、肌の角質を取り除くことで、肌の代謝が上がりやすくなります。

>スクラブの効果について見る

そして、ビタミンC誘導体やオウゴンエキスなどが配合されている化粧品はおすすめです。

>ビタミンC誘導体の効果について見る
>オウゴンエキスの効果について見る

生活習慣の見直し

角栓は皮脂分泌のバランスが悪い、肌の代謝が悪いことで、できやすくなります。そのためには、規則正しい生活を送ることも大切です。

次のようなことに気を付けましょう

  • 脂質が多い食事をしない
  • 睡眠をしっかりと取る
  • ストレスを溜めない
  • 喫煙、飲酒を控える

健康な身体作りをすることが、肌代謝が良く、角栓もできない肌を作る近道になります。

皮膚科を受診する

自分でケアしていても、なかなか改善しない場合は、専門家に相談しても良いでしょう。自分ではわからなかった、原因が分かり、改善しやすくなります。

角栓の治療として、レーザーやケミカルピーリングが行われることが多いようです。また、角栓を吸引して取り除くこともあります。

>レーザー治療について見る
>ケミカルピーリングについて見る

自分では、角栓を無理に取ろうとすると、刺激になりますが、皮膚科では角栓を柔らかくしてから取り除くことができるので、安心です。

ただ、自由診療で治療費が高くなってしまうことがあるので、きちんと相談できる病院を選ぶようにしましょう。

角栓を取り除いてきれいな肌になろう

角栓は毛穴に詰まっている、古い角質や脂質です。皮脂分泌のバランスが取れていて、肌のターンオーバーが正常に行われていれば、角栓が大きくなって、黒ずんで見えることもないのです。

角栓はついつい自分で無理に取ろうとして、刺激を与えがちです。角栓が取れたとしても、それは一時的なもので、改善にはつながりません。逆効果になります。

正しくケアしたり、生活習慣を改善したりすることで、角栓はできにくくなります。自分では改善できない場合は、皮膚科に相談してみるのも良いでしょう。

角栓を適切なケアで黒ずみのないきれいな肌にしていきましょう。