ニキビができるとそれだけで嫌ですが、治ってからも悩ませられるのが、ニキビ跡ではないでしょうか?

しかも、ニキビ跡が黒ずみの原因となることもあるというのです。どういうことなのでしょうか?

ニキビ跡と黒ずみの関係について見てみましょう。

ニキビ跡について

ニキビが治った後も、肌に「跡」となって残ることが多くあります。それがニキビ跡ですが、ニキビ跡にも種類があります。

  • 赤み
  • 茶色、黒色の色素沈着
  • クレーター
  • しこり、ケロイド

ニキビ跡と黒ずみの関係

炎症

ニキビは肌でアクネ菌が繁殖して炎症が起こっている状態です。肌で炎症が起こっていると、肌を守るために、メラニンが大量に作られてしまいます。

メラニンが生成されることで、肌の炎症が治まってもしばらくはニキビ跡として残って肌は黒ずんでしまいます。「炎症後色素沈着」と言われています。

また、ニキビ跡が多く集まっている状態は、肌がさらに黒ずんで見える原因となります。

炎症は悪化するほど、肌の奥にまで影響が出てくるので、ニキビ跡になりやすく、肌が黒ずんで見えやすくなります。

毛細血管によるうっ血

赤みがある、紫のような赤黒い感じなどのニキビ跡もあります。

それは、毛細血管がうっ血することが原因です。血液が皮膚組織ににじみ出て、赤血球中のヘモグロビンに酸素がない状態になることで、赤黒くなり、黒ずんで見えるのです。打ち身ができた時と同じような状態です。

赤黒くなったニキビ跡は、肌のターンオーバーが正常に行われていれば、比較的治りやすいと言えます。

肌の凹凸

ニキビの跡に、クレーターやしこりが残ってしまうと、肌表面に凹凸ができてしまい、光の加減によって影ができることで、黒ずんで見えてしまうことがあります。

ニキビの炎症が激しくて、肌の組織が破壊されると、上手く肌再生できなくなりクレーターやしこりになってしまいます。

ニキビ跡の黒ずみを治す方法

スキンケア

全てのニキビ跡を治すためには、肌のターンオーバーを正常にする必要があります。そのためには、ビタミンC誘導体やプラセンタなどが配合された化粧品がおすすめです。

>ビタミンC誘導体の効果について見る
>プラセンタの効果について見る

メラニンによる黒ずみには、メラニンの生成を抑制する効果のある、アルブチンやトラネキサム酸などが良いでしょう。

>アルブチンの効果について見る
>トラネキサム酸の効果について見る

肌のターンオーバーは通常28日間かかると言われています。ですので、1日や2日で良くなるというものではありません。

最低でも1~3ヶ月くらいは継続してスキンケアを行うようにします。

皮膚科を受診する

スキンケアだけでなかなか良くならない場合は、皮膚科を受診することもおすすめです。保険適応では、肌の状態に合わせた、内服薬や外用剤などを処方してくれます。

>処方薬について見る

メラニンによる黒ずみやクレーターのようになった肌には、保険が適応されない、さらに効果や即効性のある治療が用いられます。

レーザーやIPLなどの光治療やケミカルピーリングなどがあります。

>レーザーについて見る
>ケミカルピーリングについて見る

保険が適応されないものは、費用が高額になってしまうというデメリットもあるので、医師に相談しながら、治療を進めるようにしましょう。

生活習慣の改善

ニキビ跡の改善には、生活習慣の改善も重要になります。肌の代謝を良くするためには、血行が良い、栄養バランスがとれている、ホルモンバランスが整っているなど、健康が一番なのです。

次のようなことに気を付けましょう。

  • 充分な睡眠をとる
  • 規則正しい食生活にする
  • ストレスを溜めない
  • 飲酒、喫煙に注意する
  • 適度な運動をする

ニキビ跡の黒ずみを治そう

ニキビ跡にも赤み、茶色や黒の色素沈着、クレーターやしこりなど、種類があります。それぞれ肌が黒ずんで見える原因となってしまいます。

ニキビ跡の黒ずみを治すためには、肌の代謝を上げること、メラニンの生成を抑制することが必要です。

スキンケアや生活習慣の改善など、自分でできることもありますが、なかなか治らない場合は、皮膚科に相談するのが近道です。

治療費が高くなってしまう、保険適応外の治療もありますが、高い効果が得られる場合もあります。

ニキビ跡の黒ずみも、正しくケアすることで治すことができます。あきらめずに自分に合ったケア、治療を探しましょう。