「黒ずみ」と聞くと、それだけで「見た目が悪い」「汚い」という悪いイメージがありませんか?しかし、身体のいろいろな部分で、黒ずみは見られます。

どうして黒ずみができてしまうのでしょうか?黒ずみの原因、黒ずみが出来てしまう身体の部分についてご紹介します。

身体の黒ずみの原因

摩擦

肌は外からの摩擦による刺激を受けると、肌を守るために、メラニン色素が生成されます。

メラニン色素が作られることで、メラニン色素のある表皮がバリア機能を持つことで、肌が強くなるのです。

通常は、メラニン色素は肌のターンオーバーによって肌から排出されて黒ずみになることはありません。

摩擦を受け続け、過剰にメラニンが生成され続けることで、肌にメラニンが沈着してしまい、黒ずみになるのです。

紫外線

肌が黒くなることで一番知られているのが、日焼けですよね。

紫外線を受け続けると、肌に炎症が起こったり、がんを引き起こしたりすることがあるので、肌を守らなければなりません。

そこでメラニン色素が生成されて黒くなっていきます。

肌のターンオーバー機能の低下

肌の代謝機能であるターンオーバーは正常な場合は28日周期で肌が新しく生まれ変わっています。

この周期が正常であれば、肌にメラニンが生成されたとしても、外に排出されて元の肌の色に戻ります。

しかし、加齢や血行不良、スキンケア不足などによって周期が乱れるようになります。

そうなると、健康な肌が作られず、乾燥しやすくなってしまったり、メラニンが外に出されず停滞してしまったりして、黒ずみになってしまいます。

角栓

毛穴がポツポツと黒くなったり、ニキビ跡になったりすることで、黒ずみが出来てしまうことがあります。

それは、古い角質や汚れ、脂質が詰まって出来ている角栓が原因になっています。角栓はそれだけでは、黒ずみになることはありません。

ただ、毛穴に過剰な皮脂が分泌され、酸化して黒くなってくると、黒ずんで見えるようになります。また、角栓が大きくなることで黒ずみがさらに目立つようになるのです。

>角栓の黒ずみの関係について見る
>毛穴の黒ずみについて見る

雑菌が繁殖して炎症を起こすと、ニキビ、ニキビ跡になり、それも黒ずみとなってしまいます。

>ニキビ跡の黒ずみについて見る

炎症

肌が炎症を起こすと、肌を守るために大量にメラニン色素を作り、黒ずみのように色素が沈着してしまいます。

これを「炎症後色素沈着」と言います。アトピー性皮膚炎やニキビ跡の黒ずみがこれに当たります。

>アトピー性皮膚炎の黒ずみについて見る
>炎症によってニキビ跡になることについて見る

身体の黒ずみが出来る場所

身体で黒ずみが出来やすい場所は、人によって変わってきます。身体のどこでも、黒ずみは出来ると考えて良いのです。

目に見えて気付きやすいのは、顔、鼻、首、歯でしょう。毎日鏡を見ることで、気になってきます。

>顔の黒ずみについて見る
>鼻の黒ずみについて見る
>首の黒ずみについて見る
>歯の黒ずみについて見る

目に見えないので、水着になった時や人から指摘されることで、背中やお尻の黒ずみには気付くかもしれません。

>背中の黒ずみについて見る
>お尻の黒ずみについて見る

人には言えないけれど、悩みが実は多いのは、脇や胸、股、デリケートゾーンの黒ずみです。皮膚が薄くて、刺激を受けやすい箇所なのです。

>脇の黒ずみについて見る
>胸の黒ずみについて見る
>股の黒ずみについて見る
>デリケートゾーンの黒ずみについて見る

肌がガサガサと厚くなり、黒ずみにもなるのが、肘や膝、足の甲でしょう。皮脂や汗が出にくく、乾燥しやすいのです。

>肘の黒ずみについて見る
>膝の黒ずみについて見る
>足の甲の黒ずみについて見る

身体の黒ずみのために気を付けること

黒ずみができないようにするためには、大きく言うと、次のようなことに気を付けましょう。

  • 肌に刺激を与えない
  • 紫外線対策をする
  • 肌を清潔に保つ
  • 保湿や美白などのスキンケアをする
  • 身体の代謝、肌の代謝を下げない

生活習慣や食生活、体格や体質など、いろいろな要因で黒ずみが出来てしまいます。出来てしまっても、自分でのケアで改善することはできます。

自分の身体に関心をもって、黒ずみに早く気付けば、それだけ早く改善することもできます。

身体の黒ずみはどこでも出来る可能性がある

身体の黒ずみは、身体中どこでも出来る可能性があります。どこが一番出来やすいのかは、人によって違います。

それは、生活習慣も肌質も人それぞれ違うからです。例えば、長時間座ることが多い人は、お尻が黒ずみやすいですし、アレルギー体質の人は、アトピーから首や背中に黒ずみが出来やすいでしょう。

黒ずみができないように、日頃から気を付けることはできます。また、黒ずみが出来たとしても、改善する方法もあります。

出来るだけ早く気付けるように、自分の身体の肌状態をいつも気にかけてあげて下さい。