肌の「過角化」という状態を知っていますか?過角化はお尻の黒ずみにも関係している肌の状態のようです。

どのような状態のことを言うのでしょうか?そして、過角化している肌は治すことはできるのでしょうか?

過角化の原因や治し方についてもご案内します。

過角化とは?

肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、肌のバリア機能が低下すると、皮膚の一番表面である角質が厚くなる症状が起こります。

肌がごわごわと固く、分厚い状態になります。それが「過角化」です。くすんで黒ずんで見えたり、毛穴が塞がり皮脂が詰まり、ニキビができやすくなってしまったりすることもあります。

過角化症、角化症、角質増殖症などとも言われます。

過角化の原因

乾燥

肌が乾燥していると、肌が本来持っているバリア機能が低下してしまいます。そうなると、肌を刺激から守るために角質を厚くするので、過角化が起こります。

刺激

肌がゴワゴワと固くなってくると、ごしごしとこすって角質を取ってしまおうとしがちです。

一時的につるつるとなる気がしてしまいますが、その摩擦が刺激になって、さらに過角化が進んでしまい、角質が厚くなってしまうことになります。

洗浄力の強い石鹸で洗い流すことも、必要な皮脂まで取り去ってしまうので、肌のターンオーバーを崩してしまい、過角化を起こしてしまいます。

その他にも、衣服での摩擦による刺激、間違ったスキンケアなども、刺激となり、肌を厚くさせてしまいます。

紫外線

紫外線は肌に刺激が加わり、その刺激から肌を守るために角質が厚くなります。また、紫外線によって肌の老化を引き起こす、活性酸素が増えます。

そうなると、肌のターンオーバーが正常に行われなくなるので、過角化につながります。

生活習慣の乱れ

ストレスや睡眠不足など、生活習慣の乱れは女性ホルモンのバランスを乱したり、肌の代謝を下げたりという症状が出てきます。

また、栄養バランスの悪い食事、不規則な食事も健康な肌が作られない原因となります。

そうなることで、皮脂の分泌のバランスが崩れたり、肌の再生がうまく行われなかったりなり、過角化につながります。

過角化の治し方

保湿

過角化には、しっかりと保湿を行うことが重要です。保湿成分が配合されている、化粧水やクリーム、パックなどを使用することが大切です。

毎日継続して使用することで、肌がうるおい柔らかくなってきます。

>黒ずみ対策に保湿が必要な理由について見る

紫外線対策をする

顔や服から出ている肌には、日焼け止めクリームを使うことで、紫外線対策を行う人は多いでしょう。

しかし、服を通しても紫外線は入ってきてしまいます。肌に紫外線は届きダメージが加わってしまいます。

UVカット効果のある服や日傘などで、全身を紫外線から守るようにしましょう。

洗い方に気を付ける

肌に刺激が加わらないように、柔らかいスポンジを使う、手で洗うなど優しく洗うようにします。

また、洗浄力が強すぎない、低刺激の石鹸を選ぶようにします。保湿成分が入った石鹸も販売されています。

>黒ずみ対策になる石鹸について見る
>肌に優しいボディスポンジについて見る

肌表面を柔らかく、ツルツルにしてくれるようなピーリング作用のある石鹸でも良いでしょう。

ただし、ピーリング効果があるものは、その後に乾燥しやすくなってしまうので、しっかりと保湿を行うようしましょう。

生活習慣を見直す

規則正しい生活をすることが一番です。栄養バランスが整った食事、睡眠、適度な運動をすることに気を付けることで、肌の新陳代謝が正常になり、女性ホルモンのバランスも整いやすくなります。

また、ストレスを解消することも大切です。自分の好きなことができる時間を作ったり、軽いスポーツをしたりすることで、リフレッシュするようにしましょう。

皮膚科を受診する

角質が厚くなり、くすみや黒ずみが気になり、なかなか改善されない場合は、医師に相談するのも良いでしょう。

自分ではわからなかった肌の状態を診てくれたり、必要に応じて薬を処方してくれたり するので、早く効果が現れる場合があります。

過角化改善に有効な成分

過角化を改善するためには、肌にうるおいを閉じ込められる、保湿成分が必要になります。代表的な保湿成分をあげてみます。

セラミド

セラミドは、角質層の細胞の間を埋めている、細胞間脂質です。セラミドがあることで、肌のバリア機能が働きます。

セラミドを補うことで、肌の表面から水分が逃げていくのを防ぎ、水分を閉じ込めて保湿してくれます。

そして、肌のバリア機能が回復することで、肌のターンオーバーが整ってきます。

>セラミドの効果について見る

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、1gで6リットルの水を保持することができると言われています。ヒアルロン酸によって、肌の水分量が上がり、ふっくらとしたうるおいのある肌にすることができます。

>ヒアルロン酸の効果について見る

尿素

尿素は、角質層にある天然保湿因子に約7%含まれている成分です。保湿剤として、化粧品だけでなく、医薬品にも使用されています。

角質はケラチンというタンパク質からできていて、尿素には、そのケラチンを分解する働きがあります。角質が固くゴワゴワに厚くなってしまった状態を改善してくれます。

過角化改善におすすめの商品

ピーチローズ

ピーチローズはお尻の黒ずみやニキビケアのために開発された、薬用ジェルです。毎日の刺激や乾燥から、硬くなってしまったお尻にうるおいを与え、マショマロ肌を目指すことができます。

ヒアルロン酸、セラミドによって、しっかりと保湿してくれますし、美白成分も配合されているので、白いお尻になることもできます。

肌に負担になるような成分を使わない、無添加処方なので安心して使用することができます。

>ピーチローズの評価について見る
>ヒアルロン酸の効果について見る
>セラミドの効果について見る

ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム

ケラチナミンは日本で初めて販売された尿素配合の医薬品クリームです。1982年に販売されてから、30年以上多くの人に愛用されています。

ケラチナミンコーワ20%尿素が配合クリームは、硬くなってしまった皮膚を柔らかくして、うるおいを保ってくれます。

気になるお尻の黒ずみも、かかとやひじ、ひざの黒ずみにも効果的です。

過角化を治して黒ずみのない肌になろう

過角化とは、角質が固くなって、分厚くなってしまう状態です。肌のくすみや黒ずみ、ニキビの原因となります。

乾燥や外からの刺激によって、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、バリア機能が低下して起こります。生活習慣が影響していることもあります。

過角化を治すためには、保湿をすることが重要です。セラミドやヒアルロン酸、尿素など、保湿成分が高いものを、しっかりと使用しましょう。肌に刺激が少なく、添加物が入っていない、低刺激のものがおすすめです。

また、生活習慣を見直すことも大切です。過角化が治りにくい場合は、皮膚科を受診するのも良いでしょう。

過角化した肌を柔らかくうるおいのある肌にして、黒ずみのない肌を目指しましょう。