最近、化粧品に「医薬部外品」と表示されているものが多くあります。「なんとなく、効果があるもの」と思って選んでいませんか?

では医薬部外品とは、一体どのようなものを言うのでしょうか?医薬品として病院でもらう薬と、名前は似ていますが、何が違うのでしょうか?

医薬部外品と医薬品の違いについてご紹介します。

スキンケア化粧品の3つの分類

一般的な化粧水や乳液などのスキンケア商品は、薬事法によって、3つに分類されています。それが、化粧品、医薬部外品、医薬品です。

化粧品

化粧品は、効果効能が穏やかなものです。肌を清潔にする、健やかに保つ、美しさを増す、などの目的で使用されます。

パッケージに、「ニキビを防ぐ」「肌の殺菌」などの効果効能を表現することはできません。

医薬部外品

医薬部外品とは、厚生労働省が認可した効果効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているものを言います。

「治療」の目的ではなく、「防止」「衛生」を目的にしています。ニキビやしみ、そばかす、肌荒れに対する、効果を表示することができます。

そして、有効成分として、その成分名や効果効能も表示することができます。医薬部外品は、医薬品と化粧品の間に位置するものです。

比較的安全性が高く、効果を感じやすいと言われます。化粧品だけでなく、入浴剤や育毛剤、ハンドクリームなども医薬部外品があります。

薬用クリーム、薬用ローションなど、「薬用」と名が付くものは、医薬部外品で認められている表示です。薬用化粧品は医薬部外品となります。

医薬品

医薬品とは、病気の「治療」または「予防」を目的としている薬のことです。「かゆみを抑える」というような、医薬部外品では認められない効果効能も認められています。

医師が処方するもの、ドラッグストアや薬局で購入できる市販薬があります。

医薬部外品と医薬品の違い

作用の違い

医薬部外品の効果は、誰にでも必ず認められるというものではなく、効果が期待できるというくらいです。医薬品に準ずるものです。

医薬部外品は効果はあるけれど、それほどの強さではなく、予防のために使われるものなのです。

医薬品は、身体に作用する有効成分が入っているため、効果効能が比較的強く出てきます。使う時には、用法用量を正しく守って使うことが大切です。

副作用の違い

医薬部外品は、副作用のリスクは低くなります。医薬品は、効果が高い分、副作用のリスクも高くなってしまう傾向にあります。

ただし、医薬部外品でも化粧品でも副作用がないというわけではありません。近年、白斑の皮膚障害の発生のような、医薬部外品での副作用の事例はあります。

よって、2014年4月から、医薬品だけでなく、医薬部外品、化粧品での副作用の報告が義務付けられています。

医薬部外品で認められている美白成分

医薬部部外品として厚生労働省から認められている成分は、通常の化粧品に含まれている成分よりも、効果が高いとされます。

以下のようなものが、美白成分としてあります。

医薬部外品だから、必ず効果があるというわけではありません。効果の出方には、個人差も出てきます。

化粧品を使う方が効果が出る人もいますし、医薬品を使って治療をする必要がある場合もあります。自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

医薬品と医薬部外品は使い分けをしよう

医薬部外品は薬ではありません。防止や衛生を目的としたもので、厚生労働省から認可された成分が入っているものになります。

医薬品は治療を目的としているので、高い効果が見られます。病院で処方されるもの、薬局やドラッグストアで購入できるものがあります。

作用の仕方や副作用の出方などに違いがありますが、どちらが良いと決められるものではありません。

自分の肌質、肌トラブルに合わせて、化粧品、医薬部外品、医薬品のどれを使用するかは決めると良いでしょう。