ローズマリーはハーブやアロマ、料理でのスパイスなどで知っている人もいると思います。すっきりとした香りが人気です。

そのローズマリーに美容効果もあることをご存じでしょうか?植物からの成分なので、肌にも良さそうで気になりませんか?

ローズマリーの特徴、副作用についてご紹介します。

ローズマリーとは?

特徴

ローズマリーは、シソ科のマンネンロウの葉や花から抽出したエキスです。淡褐色から赤褐色をしていて、香りがあります。

英語表記では「Rosemary(Rosmarinus Officinalis)Extract」となります。

ローズマリーは地中海沿地方の海辺に生息しています。肉料理やハーブティーとして摂取されることもあります。

主な成分としては、精油成分、フラボノイド、タンニン、ロスマリン酸を含んでいます。ヨーロッパでは古くから、強壮剤や興奮剤、消化不良、胃腸の不調などに薬として用いられていました。

高い抗酸化作用があり、老化を防いでくれるので「若返りのハーブ」と言われることもあります。

また、ローズマリーには育毛作用もあり、脱毛やフケ、かゆみを抑える働きをしています。

効果

  • 美白効果
  • 肌荒れ改善
  • 保湿効果
  • アンチエイジング効果
  • 収れん作用

血行促進や抗酸化作用があるので、美白や肌荒れ改善を始め、多くの美肌効果が得られることが分かっています。

美白化粧品、エイジングケア化粧品など、幅広い肌トラブルに対応してくれます。

>ローズマリーの効果効能について見る

香りの効果

ローズマリーは葉や茎に含まれている精油成分によって、芳香性があります。ローズマリーの香りはリフレッシュ効果があり、集中力や記憶力を高める効果があります。

気分もすっきりとして、精神を安定させて、神経系の調和をとってくれます。

市販での形状

ローズマリーは化粧水や美容液、洗顔料、ヘアケア商品などに配合されています。また、酸化防止剤、抗菌剤としても使用されています。

ローズマリーを使用している代表商品

ホスピピュア

ホスピピュアは乳首の黒ずみを改善するための専用のクリームです。湘南美容外科と一緒に開発したことで、効果が高いことで知られています。

ローズマリーエキスは天然由来成分の一つとして配合されています。美白や保湿効果のある成分が凝縮されており、透明感があるみずみずしい肌になることができます。

乳首以外にもお尻やワキなど全身の黒ずみケアに使えるのは、とても便利で嬉しいですね。

>ホスピピュアの評価について見る

サエル ホワイトニングローション クリアリスト

サエルは敏感肌の人でも美白ができるという、肌に優しい美白化粧品ラインです。

その中のホワイトニングローソンクリアリストは、敏感肌の人が不足してしまう、セラミドの産生をサポートしてくれます。

そして、美白成分が浸透しやすくなり、美白しながら強い肌へ導いてくれます。ローズマリーエキスも敏感な肌でも大丈夫な成分として使用されています。

無印良品 オーガニック美白化粧液

無印良品のオーガニック美白化粧液は岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズです。

ローズマリーエキスを始め、8種類のオーガニック植物エキスとオーガニックのアロエベラ液汁を天然うるおい成分としてとして配合されています。

少しとろみのある爽やかな香りの化粧液で、透明感のあるしっとりとした肌に仕上がります。

ローズマリーの副作用

副作用はない

ローズマリーは、植物から抽出される成分で、抗炎症効果に優れているので、低刺激で安全性の高い成分です。

敏感肌用の化粧品にも含まれているほどで、危険性はほぼありません。

ただ、誰にでも肌に合うというわけではないので、ローズマリーエキス配合の化粧品で赤みやかゆみなどを感じた場合は、すぐに使用を止めるようにして下さい。

妊娠中でも大丈夫

ローズマリーは料理やお茶などで摂取する時には、妊娠中や授乳中の人は注意が必要と言われています。ローズマリーには、子宮を収縮させる作用があるからです。

化粧品として使用されている分には、高い濃度ではないので特に問題はありません。ただし、ローズマリーのアロマオイルを自分で希釈をして使用するという場合は、注意が必要なので、控えるようにしましょう。

ローズマリーは幅広い肌トラブルを改善してくれる

ローズマリーは爽やかな香りと強い薬効成分で、昔から美容や健康に用いられてきたハーブです。

ハーブティーや肉料理への使用、化粧水や育毛剤など、様々なシーンで使われています。

ローズマリーは美白、保湿、アンチエイジング、ニキビなど、あらゆる種類の化粧品に配合されています。

それは、強い抗酸化作用があるため、肌荒れを防ぎ、肌を健康な状態にしてくれるからです。

口から摂取する場合は、妊娠中や授乳中には注意が必要ですが、化粧品として使用される場合は、副作用もなく安全性の高い成分です。

ローズマリーで幅広い肌トラブルを改善して健康的な肌を目指しましょう。