ルナホワイトという成分はあまり耳にしたことがないかもしれません。「ホワイト」と言われるように、美白効果があるようです。

美白は女性にとっては気になることですよね。そして、ルナホワイトにはその他にも肌に良い影響もありそうです。

ルナホワイトの特徴や危険性なども一緒に見てみましょう。

ルナホワイトとは?

特徴

ルナホワイトは、北アメリカ産のアカバナ科のメマツヨイグサ種子から抽出されたエキスです。化粧品の表示名は、メマツヨイグサ種子エキス、月見草エキスと書かれています。

英語表記では「Oenothera Biennis (Evening Primrose) Seed Extract」となります。

ルナホワイトは「ホワイト」と言っても、植物エキスのため茶色いエキスをしています。γ-リノレン酸を始め、不飽和脂肪酸が含まれています。

そして、抗酸化作用の高いポリフェノール類も多く含んでいます。

メマツヨイグサ種子から絞られたオイルは、月見草オイル(イブニングプリムローズオイル)としても知られています。

効果

  • 美白効果
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 保湿効果
  • コラーゲン生成促進

ルナホワイトは、抗酸化力があるため、美白効果だけでなく、肌の活性酸素を除去することで、その他の美肌効果をもたらしてくれます。

>ルナホワイトの効果効能について見る

市販での形状

ルナホワイトは、化粧水や美容液、クリームなどに配合されています。原料は茶色をしているので、ルナホワイトの濃度が濃いと、色も濃くなってしまいます。

ルナホワイトを使用した代表商品

ホスピピュア

ホスピピュアは湘南美容外科と共同開発されている、乳首の美白専用のクリームです。

美白効果が高いことから、乳首だけでなく、身体全体の黒ずみが気になる箇所にも使用できることで人気になっています。

ルナホワイトは敏感肌でも使用できるようにと、天然由来成分の一つとして配合されています。

ホスピピュアで、気になる黒ずみ部分を、うるおいのあるきれいな白肌に変えてくれるのです。

>ホスピピュアの評価について見る

ドクターシーラボ パーフェクトエイジストDX

オールインワンゲルで人気のドクターシーラボで最高峰のクリームと言われているのが、パーフェクトエイジストDXです。

ノーベル賞受賞成分であるフラーレンと共に、51種類もの美容成分が詰まっています。

>フラーレンの効果について見る

美白にはアルブチンとルナホワイトなどが効果を発揮してくれます。若々しくうるおいのある肌を維持できる美白エイジングケアクリームなのです。

>アルブチンの効果について見る

カネボウ 白澄美白美容液

カネボウの白澄美白美容液はその名の通り、澄みきった白さへ導いてくれます。美白有効成分は、天然由来であるコウジ酸。肌の奥深くまで浸透して、明るい肌にしてくれます。

ルナホワイトと表示されてはいませんが、優れた保湿成分として同じ成分である月見草エキスが配合されています。

白澄は肌なじみが良いので使いやすく、うるおいもある美しい白い肌を目指せます。

ルナホワイトの副作用

ルナホワイトには特にアレルギーや副作用はありません。危険性や毒性もなく、安全な成分だと言えます。

ただし、ルナホワイト配合の化粧品には、その他の美容成分も一緒に含まれている場合が多いので、肌に合わないという場合はあります。

肌にかゆみや赤みなど違和感があれば、使用を中止するようにしましょう。

ルナホワイトで白い美肌になろう

ルナホワイトは、メマツヨイグサ種子、月見草から得られる成分です。

γ-リノレン酸、抗酸化作用があるポリフェノールが多数含まれていることから、美白の他にも、保湿、アンチエイジング、抗炎症など様々な美肌効果を得ることができます。

ルナホワイトが主成分という商品よりも、美白や保湿をサポートする有効成分として配合されていることが多いです。

天然成分なので、副作用の心配は特になく、安心して使用できます。ルナホワイトが配合されている化粧品に注目し、白い美肌を目指しましょう。