ルナホワイトという成分を聞いたことはありますか?「ホワイト」と名前が付いているので、「美白効果が期待できるものかな?」という想像はしてしまいますよね。

本当に白い肌を目指すことができるのでしょうか?ルナホワイトの効果効能について調べてみました。

ルナホワイトの効果効能

ルナホワイトとは?

ルナホワイトは、メマツヨイグサ種子エキス、月見草エキスとも呼ばれています。ルナホワイトには、多くのポリフェノールが含まれているので、強い抗酸化力があります。

また、γ-リノレン酸といった、不飽和脂肪酸が多く含まれています。これらの成分によって、様々は美肌効果が得られるのです。

>ルナホワイトの効果について見る

美白効果

ルナホワイトには、エラグ酸というポリフェノールの一種が含まれています。美白の成分として、聞いたことがあるかもしれません。

エラグ酸には、メラニンを黒くさせる酵素である、チロシナーゼの働きを抑制する働きがあります。それによって、シミや黒ずみができにくくなり、美白効果が得られます。

ルナホワイトはビタミンC誘導体やコウジ酸といった美白成分よりも高い美白効果があると言われています。

>ビタミンC誘導体の効果について見る

美白成分は肌刺激が強いものもありますが、ルナホワイトは肌が弱い人でも安心して使うことができます。

保湿効果

ルナホワイトにはγ-リノレン酸が含まれています。γ-リノレン酸は身体を構成している脂肪酸の一つです。

水分の蒸発を抑えて、保湿をしてくれます。また、肌内部の細胞を修復して、内側からうるおった柔らかな肌にしてくれます。

アンチエイジング効果

体内に活性酸素があると、肌のターンオーバーが正常に行われないことで、肌が乾燥しやすい、肌あれが起こる、というようなトラブルが起きます。

ルナホワイトには高い抗酸化力があります。身体の老化の原因となる活性酸素の除去し、肌の代謝を促進して健康的でみずみずしい肌にすることができます。

そして、肌のハリや弾力には欠かせないコラーゲンの生成を促してくれます。そうなることで、シワやたるみの改善になるため、アンチエイジング効果が見られます。

抗炎症作用

ルナホワイトには、緑茶にも含まれているカテキンやプロアントシアニジンというポリフェノールの一種が含まれています。

抗炎症作用や殺菌作用があるので、ニキビや肌荒れなどのトラブルを鎮静させてくれます。また、収れん作用もあるため、きめが整い、引き締まった肌になれます。

ルナホワイトは抗酸化作用が高い美白成分

ルナホワイトはメマツヨイグサ種子エキス、月見草エキスなどと言われている成分です。γ-リノレン酸や多数のポリフェノールによって、様々な美肌効果が見られます。

γ-リノレン酸によって、肌内部の保湿、抗酸化作用による肌の新陳代謝アップなど、総合的に肌を整えてくれます。

ルナホワイトは肌を健康な状態にして、内側から透明感を出してくれます。これからはルナホワイトという成分を確認してみましょう。