パラネージュは副作用なし

お尻の黒ずみをきれいに改善して、肌にうるおいも与えてくれるというパラネージュ。肌にも優しくて、お尻以外にも顔にまで使えることでも人気です。

敏感肌でも使えるとは言うものの、効果が高いというのは、何か副作用があるのでは?と気になる人もいるかもしれません。パラネージュの副作用について見てみましょう。

パラネージュの危険な成分とは?

無添加の医薬部外品

パラネージュは合成香料、アルコール、鉱物油、石油系界面活性剤、金属を使用していない、肌刺激のない無添加処方になります。

肌の負担になるような危険な成分は使われていないようです。

また、国内工場で徹底した品質管理の元でこだわって作られています。医薬品と変わりない水準で丁寧に作られていて、安心安全。

肌に優しく、赤ちゃんでも使えるような処方と言われています。

パラネージュの副作用とは?

肌に優しい成分で作られているので、今のところ副作用と呼べるような報告はありません。

しかし、全ての人がアレルギー反応を示さないというわけではないので、体調が悪い時など、肌荒れを起こしてしまうことはあります。しかし、重篤な副作用というわけではありません。

肌荒れを起こしてしまった時には、返金制度もありますのでお金の無駄になることもありません。

>>返金制度について見る

パラネージュの口コミでの症状とは?

パラネージュの口コミでの副作用の症状は特にありません。

  • 肌が弱いので心配だったけれど、大丈夫だった。

というものはありました。もともと敏感肌の人でもパラネージュは大丈夫という声があるのは、やはり優しい成分で出来ているということでしょう。

パラネージュには副作用が起こる可能性もある?

パラネージュには炎症を抑える作用がある「グリチルリチン酸ジカリウム」が配合されています。そのグリチルリチン酸ジカリウムには、多く使用することで副作用が起こることがあるとのこと。

パラネージュは医薬部外品で、化粧品です。肌に塗るだけでは副作用の症状は現れませんので安心して下さい。

>>グリチルリチン酸ジカリウムの副作用について見る

パラネージュの使い方とは?

  1. お尻を洗った後に、専用のヘラで指に取り、お尻の肌の気になる部分に塗布します。
  2. 5分放置した後、しっかりと白い泥がなくなるまで洗い流します。

毎日1回続けて使うようにしましょう。

肌が弱い人は、念のためにパッチテストを行うと安心です。

パラネージュの使用場所とは?

パラネージュはお尻の黒ずみなどヒップケアに特化したものですが、肌に優しい成分なので、顔、首、デコルテ、二の腕、背中などに使うことができます。パラネージュを使う人の約7割の人が顔にも一緒に使っているとのことです。

美白効果、抗炎症効果などがあるので、全身が白い透明感のある肌になれますね。

パラネージュは副作用がなく安全!

パラネージュは効果の高い医薬部外品ですが、副作用はない肌に優しく安全なものです。肌が弱いと感じている人でも、使えるという口コミも見られました。

副作用の可能性があると言われるグリチルリチン酸ジカリウムも、配合量も少なく適量なので、特に問題もありません。

パラネージュは肌に刺激になるものは使わず、こだわりをもって国内生産されているので安心して使うことができます。

全身に簡単に使うことができるので、お尻だけでなく顔などの全身の美白、保湿ができそうです。パラネージュで色白な美尻、透明感のある肌を目指しましょう。