ビサボロールという成分はあまり聞いたことはないかもしれません。美白化粧品に良く含まれており、肌に優しい成分らしいのです。

美白成分は肌に刺激が強いものもあるので、肌に刺激が少ない成分は敏感肌の人には嬉しいですよね。

ビサボロールの効果効能について見てみましょう。

ビサボロールの効果効能

ビサボロールとは?

ビサボロールは、カモミールの花から抽出される精油に含まれている成分です。ヨーロッパでは薬効が高いものとして、4000年以上も前から使用されていました。

肌に対しても、美白、保湿など多くの作用をもたらしてくれます。そして、天然の成分なので、肌にも優しく敏感な肌にも使用できます。

>ビサボロールの特徴について見る

美白効果

ビサボロールにはシミや黒ずみの原因になるメラニンの生成を抑制する働きがあります。それは、メラニン色素が作られる時に必要な酵素である、チロシナーゼの活性を抑制する働きがあるためです。

同じような作用をする美白成分にアルブチンがありますが、アルブチンよりも美白効果が高いとも言われています。

>アルブチンの効果について見る

ビサボロールで肌の内側からメラニン生成を抑えることで、透明感のある白い肌になることができます。

保湿効果

ビサボロールには高い保湿効果があります。炎症を抑える作用があるため、乾燥しやすい敏感肌の炎症を抑え、肌のバリア機能を高め、うるおいを逃がさない肌にしてくれます。

そして、肌内部のコラーゲンを修復する効果があるので、ハリのあるふっくらとした肌になれます。

ニキビ改善

ニキビは皮脂のコントロールができず、皮脂が酸化したり、毛穴に汚れが詰まってしまったりして起こります。

また、アクネ菌が繁殖することもニキビの原因になります。ビサボロールには抗炎症作用、抗真菌作用があるため、ニキビの症状を改善したり、ニキビ予防をしたりしてくれます。

カミツレエキスとの違い

美白成分として聞かれる成分の中に、カミツレエキスがあります。カミツレエキスはカモミールの花、茎、葉などを混ぜたものから抽出される成分で、その中にビサボロールが含まれています。

よって、ビサボロールとカミツレエキスには共通する、美肌効果があります。

ただ、カミツレエキスには、その他にも、カマズレン、フラボノイドなどの成分が含まれています。ビサボロール単体の効果だけでなく、相乗効果によって美白、アンチエイジングなどの美肌効果が得られています。

ビサボロールは肌に優しく美白ができる

ビサボロールはカモミールの精油に含まれている成分です。メラニン色素の生成を抑える働きがあるので、肌の透明感が得られます。

天然の成分で抗炎症作用もあるので、敏感な肌の人でも安心して使用することができますし、高い美白効果をもたらしてくれます。ニキビの炎症にも効果的です。

そして、ビサボロールは保湿効果も高いので、うるおいのある白い肌を目指すことができます。多くの美肌効果が得られるビサボロールを、これからチェックしてみて下さいね。