甘草フラボノイドを知っていますか?美白効果といえば、ビタミンCを想像する人が多いかもしれませんが、甘草フラボノイドはそのビタミンCよりも高い美白効果を持っているとされています。

それは、チェックする必要がありそうですよね。甘草フラボノイドの美白効果、美肌効果をご紹介します。

甘草フラボノイドの効果効能とは?

甘草フラボノイドとは?

甘草フラボノイドは、甘草の根から得られるエキスで、4000年も前から炎症を抑える生薬として用いられてきました。

フラボノイドというポリフェノールの一種が含まれているので、抗酸化作用を持ち、様々な肌トラブルに対応してくれます。

>甘草フラボノイドの特徴について見る

美白効果

甘草フラボノイドは、ビタミンC誘導体と並び、2大美白成分と言われています。そして、甘草フラボノイドにはビタミンCの約257倍もの、美白効果があるのです。

シミの元となるメラニン色素は、チロシナーゼやTRP-2という酵素が関わっています。多くの美白成分は、このチロシナーゼを抑制してメラニンの生成を抑えます。

甘草フラボノイドには、チロシナーゼとTPR-2を阻害することができる「グラブリジン」が含まれています。

TRP-2まで阻害することができる成分はほとんどないため、甘草フラボノイドは高い美白効果を発揮してくれるのです。

肝斑と呼ばれるシミにも効果が高いことで、美容外科やエステなどでも甘草フラボノイド配合の化粧品は使用されています。

抗炎症効果

甘草フラボノイドには、優れた抗炎症作用があります。皮膚の炎症を抑え、肌荒れを防ぐ効果があります。

メラニンの生成は肌の炎症があると、より活性化してしまうので、甘草フラボノイドの炎症を抑える作用によってメラニンが作られない白い肌を保つことができます。

ニキビ改善、予防

ニキビは過剰な皮脂が出ることが原因になることがあります。甘草フラボノイドには、皮脂の分泌を調整する、皮脂による酸化を抑制するという効果があり、ニキビの改善や予防をしてくれます。

そして、赤く炎症を起こすようなニキビでも、抗炎症作用があるので、治りやすくなり、ニキビ跡になることも防いでくれます。

アンチエイジング作用

甘草フラボノイドには、抗酸化作用があるので、肌の老化の原因となる活性酸素を除去してくれます。

そうなることで、肌の血流が改善され、肌の代謝も上がり、肌の弾力に関わるコラーゲンやエラスチンなども生成されやすくなります。

シワやたるみの改善となり、ハリや弾力のある若々しい肌になることができます。

甘草フラボノイドは美白効果が高い!

甘草フラボノイドはビタミンC誘導体の約257倍もの美白効果があると言われています。それは、甘草フラボノイドに含まれているグラブリジンがチロシナーゼだけでなく、TRP-2という、メラニン生成に関わる酵素の阻害ができるからです。

これは他の美白成分にはない特徴なのです。

加えて、抗炎症作用や抗酸化作用があることで、ニキビ予防やアンチエイジングにも効果を発揮してくれます。

甘草フラボノイドは高い美白効果とともに、美肌効果を備えた成分なのです。これからは甘草フラボノイドに注目して、黒ずみやシミのないつや肌を目指しましょう。