フラーレンという成分をご存じでしょうか?美容業界で最近話題の成分です。注目を集め出したのが、近年なので、知らない人も多いかもしれません。

フラーレンは新しい美肌効果の高い成分です。そんな成分なら、どんどん取り入れていきたいところです!

フラーレンはどのような成分なのでしょうか?特徴や副作用についてもしっかりと見ていきましょう。

フラーレンとは?

特徴

フラーレンとは、1996年にノーベル化学賞を受賞しているという注目の成分です。化粧品だけでなく、医療の現場でも使用されている成分です。

フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素のみから構成されている物質です。炭素原子60個が球状になり、小さなサッカーボールのような形をしています。英語表記では「fullerene」となります。

フラーレンの最大の特徴は非常に強い「抗酸化力」にあります。ビタミンCの172倍とも言われ、老化の原因になる悪玉活性酸素を無毒化してくれます。

強い抗酸化力を持ちながら、肌に刺激が少ないので化粧品にも使用されてきています。

フラーレンの原液は褐色をしていることから、高濃度に配合されている化粧品は、少しベージュっぽい色をしています。

他の抗酸化物質との違い

化粧品に含まれる、抗酸化成分にはビタミンC、アスタキサンチン、コエンザイムQ10などがあります。

その中でフラーレンの強みは、持続性と安定性があるところです。紫外線が強い時期には、他の抗酸化成分は壊れやすいのですが、フラーレンは安定していて、効果も11時間ほど続くことが分かっています。

そして、活性酸素にも種類があるのですが、フラーレンはほとんどの種類の活性酸素に対応することができます。

フラーレンの種類

フラーレンには脂溶性フラーレン(リポフラーレン)と水溶性フラーレン(ラジカルスポンジ)の2種類があります。

肌には、水と脂が存在しており、どちらにも活性酸素は存在しているので、両方のフラーレンが配合されている化粧品がおすすめです。

リポフラーレン

リポフラーレンはフラーレンにスクワランを混ぜ合わせて、油に溶けやすい液状にしたものです。自然派化粧品が好みの人にも愛用されています。

ラジカルスポンジよりも後の2009年に発売されています。

油となじみやすいので、肌への浸透も良く、美容液やクリームに使用されています。ただ、水には溶けにくいので、化粧水には配合しにくくはなります。

ラジカルスポンジ

ラジカルスポンジとは、ラジカル(活性酸素の一種)を吸い取る(スポンジ)作用を持つことから、その名になりました。2005年に発売されています。

ラジカルスポンジは、水に溶けにくいフラーレンを化粧品に使いやすく加工して、水に溶かした水溶性のフラーレンのことです。

ポリビニルピロリドンという高分子ポリマーを添加して作られています。天然の化粧品を好む人には避けられるかもしれません。

とろみのある茶色の液体をしていますが、素材そのものの色で、酸化していて変色しているわけではありません。

効果

  • アンチエイジング効果
  • 美白効果
  • 保湿効果
  • 肌バリア機能を強化
  • 毛穴、ニキビ予防効果

フラーレンは肌に悪影響を及ぼす根本である、活性酸素を除去してくれるので、あらゆる肌トラブルを改善してくれます。

>フラーレンの効果効能について見る

フラーレンが使用されている代表商品

フェアリームーン

フェアリームーンはお尻のケアに特化して作られている美容ジェルです。朝用と夜用と2つに分かれ、細かくケアをすることができます。

>フェアリームーンの評価について見る

夜用のジェルにフラーレンが含まれています。EGFという肌の再生能力の高いノーベル賞受賞成分も含まれ、ハリと透明感のある肌を作り出すことができます。

>EGFの効果について見る

AiB FLトータルセラム

AiB FLトータルセラムは、高濃度フラーレンと共に、効果の高いビタミンC誘導体であるAPPSやビタミンE誘導体TPNAも配合されており、最新の美容成分が詰まっている美容液です。

>ビタミンC誘導体の効果について見る

しわやたるみ、シミや黒ずみなど、あらゆる肌トラブルに効果を発揮してくれる最強の美容液です。

ドクターシーラボ パーフェクトエイジストSP

ドクターシーラボのパーフェクトエイジストSPはエイジングケアに着目して作られた美容クリームです。

2種類のフラーレンが高密度で配合されています。そして、プラセンタやアルブチンといった美容成分もしっかりと配合されているので、ハリとうるおいのある、白い肌になることができます。

>アルブチンの効果について見る
>プラセンタの効果について見る

フラーレン配合化粧品の選び方とは?

フラーレンが1%以上配合されている化粧品には、認定のロゴが表記されています。フラーレンの効果が期待できるものかどうかの、目安になります。

油溶性フラーレン、水溶性フラーレン、両方のフラーレンが配合されているというロゴが表示されているので、確認してみましょう。

また、フラーレン配合化粧品は高価なものもありますが、継続して使うことで効果が見えてきます。

効果を実感したい場合は、無理なく続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

フラーレンの副作用

フラーレンは、抗酸化作用が強いですが、肌に刺激が少なく、副作用の報告は確認されていません。安全性の高い成分と言えます。

フラーレンの化粧品が2005年に販売されるようになってから、現在は1000を超える美容皮膚科でも使用されています。

しかし、フラーレンと共に高濃度で美容成分が配合されている美容液も多くあるので、フラーレン配合化粧品が、肌質や体調によっては、肌に合わないという場合もあります。

肌に違和感がある場合は、無理せず使用を止めるようにしましょう。

フラーレンは高い抗酸化力を持つ美容成分

フラーレンは1996年にノーベル化学賞を受賞した成分です。特徴は高い抗酸化成分であることです。

他の抗酸化成分と比べても、持続性と安定性に優れていて、ほとんどの種類の活性酸素を無毒化する働きがあります。

肌には美白、保湿、アンチエイジング、ニキビ予防など、あらゆるトラブルを解決してくれる成分として注目されています。

高い美肌効果がありながら、肌刺激は少ないので、とても安全に使用できます。2005年に化粧品として発売が開始されていることから、まだまだこれから認知度も上がっていくのではないでしょうか?

フラーレンで、黒ずみのないハリのある肌になれますね。