フラーレンは比較的新しい成分で、美肌効果が高いと話題になっている成分です。美白効果も高いことも分かっています。

まだフラーレンを知らない人も多いかもしれませんが、フラーレンはどのような美容成分なのでしょうか?効果の高い、新しい成分となると、気になりますよね。

フラーレンの効果効能を調査しました。

フラーレンの効果効能

フラーレンとは?

フラーレンとは、非常に強い抗酸化作用を持ち、ノーベル化学賞を受賞している成分です。その抗酸化力の強さは、ビタミンCの172倍とも言われています。

ほとんどの種類の活性酸素を除去し、持続力と安定性があることで、肌への美肌効果も高いため、化粧品に多く使用されるようになってきました。

>フラーレンの特徴について見る

美白効果

シミや黒ずみの原因は活性酸素によって、メラニンが過剰に生成されることが原因とも言われています。

フラーレンの強い抗酸化力によって、活性酸素が除去されることでメラニンの生成を抑え、シミやそばかす、黒ずみなどの予防ができ、透明感のある肌にすることができます。

アンチエイジング効果

活性酸素は肌の老化を進ませると言われています。肌のハリや弾力を出す、コラーゲンを壊し、しわやたるみが出来てしまうのです。

その活性酸素をフラーレンが除去することで、しわやたるみの予防、改善になりアンチエイジング効果が得られます。

保湿効果

フラーレンは肌表面の角質層にある肌のバリア機能を高める働きがあります。肌のバリア機能が低下した肌は、乾燥やかゆみなど、肌トラブルを引き起こしてしまいます。

フラーレンの作用にとよって、肌のバリア機能が正常に働いている肌は、外からの刺激にも強く、うるおいも閉じ込めておくことができ、保湿効果も高まります。

毛穴、ニキビケア

毛穴の開きやニキビは、皮脂の過剰分泌、皮脂の酸化などによって起こります。それらにも、活性酸素が大きく関わっています。

フラーレンによって、活性酸素が除去されることで、皮脂が酸化することを抑え、毛穴の引き締め、ニキビの炎症を抑える効果があります。

また、皮脂の過剰分泌も抑えられ、皮膚の環境を整えてくれます。

フラーレンとの相性が良いものとは?

フラーレンとの相性が良い成分としてあげられるのが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は、美白、保湿、コラーゲンの生成を助けるなどの効果があるものです。

>ビタミンC誘導体の効果について見る

ビタミンC誘導体にも、抗酸化作用がありますが、活性酸素を除去する時にビタミンC誘導体自体が酸化して消えてしまいます。

しかし、フラーレンと一緒にあることで、ビタミンC誘導体が酸化して減らさず、肌に届けることができるのです

フラーレンと一緒に使用することで、エイジングケアや美白ケアの効果が高まります。

フラーレンでハリのある白い肌になろう!

フラーレンは高い抗酸化力を持つ成分で、美容業界で注目され美肌効果が高いと言われています。

肌のシミや黒ずみ、しわやたるみ、ニキビなど、様々なトラブルは、日々身体でできる活性酸素が原因になっています。

フラーレンはその活性酸素を除去する作用が高く、しかも肌に優しいことから、様々な肌に対応して、改善してくれるのです。万能と言っても過言ではありません。

フラーレン配合の化粧品を使って、肌トラブルを改善、予防して黒ずみのない白くてハリのある肌になりましょう。