ハイドロキノンは美白に関心がある人は知っている人が多いのではないでしょうか?「肌の漂白剤」ともうたわれていますが、そんなに効果の高いものなのでしょうか?

肌が白くなるのは嬉しいことですが、そこまで作用が強いと、肌への負担や副作用についても心配になります…

ハイドロキノンの特徴や副作用についてしっかりと見てみましょう。

ハイドロキノンとは?

特徴

ハイドロキノンはシミや黒ずみの元となる、メラニン色素の生成を抑え、さらにメラニンを作り出すメラノサイトを減少させる成分と言われています。

また、一度酸化して黒くなってしまったメラニンを還元して、色を薄くする効果もあります。英語表記は「Hydroquinone」となります。

美白成分として有名なアルブチンやビタミンC誘導体などはメラニンの生成を抑制することはでき、シミの予防には役立ちますが、皮膚に黒く沈着している「できてしまったシミ」にまで働きかけるのは、ハイドロキノンになります。

>アルブチンの効果について見る
>ビタミンC誘導体の効果について見る

よって、ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるのです。効果は高いのですが、副作用もあるので、日本では長年医師の管理の下でしか使用することはできませんでした。

>お尻の黒ずみに対する処方薬について見る

しかし、2001年に薬事法の規制緩和にとよって、化粧品のハイドロキノンの使用ができるようになりました。

使用濃度に注意

ハイドロキノンは使用する時には濃度に注意する必要があります。濃度が高い方が美白できるといっても、肌に負担がかかり過ぎては意味がありません。自分に合ったものを選ぶ必要があります。

1%~3%濃度

一般的には安全に使える配合濃度とされています。しかし、肌が弱い人はこれでも肌に刺激を感じる場合もあります。

濃度が低い分、即効性は少なくなるとも言われています。

4%~5%

濃度が高くなる分、美白効果は高まりますが、肌への刺激が強くなるので、肌がピリピリと感じることが多くなります。肌に合うかどうかのパッチテストをする方が良いでしょう。

効果

  • チロシナーゼ阻害作用
  • メラノサイトを減少させる
  • 還元作用

ハイドロキノンはメラニン、メラノサイトに働きかけ、肌を白くしてくれる高い効果が見られます。

>ハイドロキノンの効果効能について見る

市販の形状

ハイドロキノンはクリーム、軟膏になっているものが多く見られます。化粧品では美容液など、浸透を良くしたものがつくられ、使い心地も良くなっています。

ハイドロキノンを使用している代表商品

プラスナノHQ

プラスナノHQはハイドロキノン4%という高濃度配合のクリームです。ナノカプセル化したハイドロキノンなので、肌の奥にまで浸透し、高い効果を得ることができます。

また、ビタミンA、C、Eも配合されているので、ハイドロキノンの美白効果をサポートしながら、肌のキメを整えてくれるのです。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

QuSomeホワイトクリーム1.9は、ビーグレンの独自の技術によって、浸透しにくいと言われているハイドロキノンを角質までしっかりと浸透して、長時間ハイドロキノンの効果を発揮できるようにされています。

ハイドロキノンの濃度は1.9%と低くても、4%と同等の効果でシミや黒ずみに効くと言われています。ハイドロキノンは低濃度なので、肌への負担が少なく、肌が弱い人でも使用することができます。

アンプリール ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は、独自に開発された、新安定型ハイドロキノンと言われ、肌への刺激が少なくなっています。

シミ、黒ずみ、傷などの色素沈着、様々な肌トラブルに対応されると言われています。ハイドロキノンの配合率は2.5%です。

皮膚の専門家が高い安全性を確認していて、多くのメディアに取り上げられている評価の高い美容液です。

ハイドロキノンの危険性

副作用に注意

ハイドロキノンは強い刺激がある場合が多く、肌に合わずに炎症や赤みが起こる場合があります。肌が弱い人は特に、事前にパッチテストを行うようにしましょう。

そして、長期的な使用や高濃度のハイドロキノンの使用により、白斑が出る可能性があると言われています。それは、ハイドロキノンにはメラノサイト自体の働きを阻害する働きがあるからです。

6%以上の高濃度のハイドロキノンの継続使用は白斑になる可能性があると言われていますので、気を付けましょう。

4%以下のハイドロキノンであれば、一般的な使用では白斑は起きにくいとは言われています。

紫外線に注意する

ハイドロキノンを使用している時には、紫外線の影響を受けやすい状態になります。夜の使用だけにするか、朝に使用する場合には、必ず日焼け止めを使用するようにしましょう。

酸化しやすい

ハイドロキノンは酸化しやすくなります。ハイドロキノンを使用する時には、開封後はできるだけ冷暗所に保存して、1ヶ月程度で使いきるようにします。

ハイドロキノンは高い美白効果がある!

ハイドロキノンは肌への刺激が強く、長い間化粧品などに使用することはできない成分でした。よって、身近になってきたのは、近年のことです。

ハイドロキノンはメラニンを作り出すメラノサイトを阻害したり、酸化したメラニンを還元することでもとに戻したりと、できてしまったシミにも効果が高い美白成分です。

濃度が高いと、その分美白効果が高まりますが、肌への刺激も強くなり、長期的に使用していると白斑になる可能性が出るの、注意も必要です。

濃度の確認や肌に合うかどうかのパッチテストを行うなど、上手に肌へ取り入れることで、高い美白効果を得ることができます。

ハイドロキノンでシミや黒ずみを改善して、黒ずみのない透明感のある肌を目指しましょう。