ハイドロキノンという成分を聞いたことはありますか?美白効果の高い美容液に含まれていることがあります。

また、皮膚科での治療でも使用されています。それほど美白効果の高い成分なのでしょうか?

ハイドロキノンがどのような効果効能があるのかをご紹介します。

ハイドロキノンの効果効能

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われる、できてしまったシミにまで高い美白効果がある成分です。

以前は市販されておらず、病院に行くしか使用する方法はなかったのですが、2001年に厚生労働省から認可されて、化粧品としても使用することができるようになりました。

美白効果が高い成分ですが、肌刺激が強いため、使用には注意が必要です。

>ハイドロキノンの特徴について見る

チロシナーゼを抑制する

メラノサイトにあるチロシンというアミノ酸がメラニンの元となります。肌が刺激を受けると、メラノサイトはチロシンからメラニンを作るために、チロシナーゼを使います。

ハイドロキノンによって、このチロシナーゼを抑制することで、メラニン作られることはありません。

メラノサイトを減少させる

メラノサイトはメラニンを作り出す細胞です。もちろんメラノサイトが多いほど、メラニン生成が多くなります。

ハイドロキノンによって、メラノサイトそのものが減少すれば、メラニンが増えることもなく、シミや黒ずみが改善されます。

還元作用がある

できてしまったシミや黒ずみを、元に戻す作用があるのは、ハイドロキノンの特徴です。メラニンはチロシナーゼによって黒い酸化したメラニンになります。

ハイドロキノンは酸化したメラニンを還元して、無色化してくれるのです。

ハイドロキノンと一緒に使用すると良い成分とは?

皮膚科や美容外科で、治療として処方される場合は、ハイドロキノンはトレチノインと一緒に使われることが多くあります。

トレチノインはまだ認可されていない成分なので、化粧品に配合されて市販されていることはありませんが、肌の新陳代謝を高める効果の高いものです。

>トレチノインの効果について見る

肌の新陳代謝を高めて、メラニンの排出をしやすくして、ハイドロキノンでメラニンを作り出さないようにすると、相乗効果で、美白効果が高まります。

ハイドロキノンでできてしまった黒ずみも白く戻そう

ハイドロキノンは肌に高い美白効果を現わしてくれる成分です。多くある美白成分は、シミや黒ずみの原因になるメラニン色素の生成を抑制することで、予防をすることはできます。

しかし、メラニンを作り出す細胞であるメラノサイトを減らす、還元してメラニンを無色に戻すという、できてしまった黒ずみにも効果があるのは、ハイドロキノンです。

肌に刺激が強いというデメリットはありますが、高い美白効果が見られます。

病院では、トレチノインという肌の新陳代謝を高める成分配合のクリームを一緒に使うことがおすすめのようです。

ハイドロキノンで、できてしまった黒ずみもあきらめなくて良いですね!白い肌に戻しましょう。