トレチノインという成分を聞いたことはありますか?美白の成分として挙げられるものとしては、なかなか出てこないのではないでしょうか?

トレチノインは肌に副作用があるということも聞かれます。効果が高い分、使用する時には気を付けることがあるのでしょうか?

トレチノインの特徴や副作用など、詳しく見てみましょう。

トレチノインとは?

特徴

トレチノインはビタミンA誘導体の一つです。人間の血液中にも微量ですが含まれている成分です。英語表記では「Tretinoin」です。

トレチノインは皮膚の基底層にあるケラチノサイトと呼ばれる表皮を生成する細胞を活性化することで、肌の新陳代謝を促進してくれます。

肌の表面を溶かしていくようなピーリングではなく、真皮層の細胞分裂を活性化させることで、肌の内側から古い角質を排出しやすくしていきます。

欧米では医薬品として認可されていますが、日本では認可されておらず濃度制限があり、皮膚科での濃度調節の必要があります。

効果

  • ピーリング効果
  • 肌の新陳代謝促進
  • コラーゲン生成促進
  • 皮脂の過剰分泌を抑える

トレチノインには肌の生まれ代わりを促進して、肌にハリを持たせる効果があります。皮脂の分泌を抑え、ニキビ肌の改善も見られます。

>トレチノインの効果効能について見る

市販の形状

トレチノインは医薬品で、クリームの外用薬として使用されています。日本では市販では購入することはできません。

病院で処方してもらうか、個人輸入代行通販サイトで購入することはできます。個人の責任になるので、海外の製品を購入する場合は、内容には注意するようにしましょう。

トレチノインを使用している代表商品

レチンA

レチンAクリームはジョンソンエンドジョンソンから発売されている塗り薬です。もともとは、皮膚科でニキビ治療を目的として使用されていました。

しかし、肌の新陳代謝を促進することで、シミやそばかす、黒ずみにも効果があることで使用されるようになりました。

スティーバA

スティーバAは米国食品医薬品局(FDA)で認可されている薬です。しかし、日本では未認可の成分ではあります。

スティーバAはトレチノインクリームの中でも効果が高いものとして、評価も高くなっています。

トレチノインの危険性とは?

副作用に注意

トレチノインは副作用が出てしまうということがデメリットとしてあげられます。トレチノインを使用すると、ほとんど皮膚炎が出ると言われています。

赤みが出て、数日の間に皮がボロボロと剝けてしまいます。かゆみが出てしまうこともあります。個人差や箇所にもよりますが、副作用が出ることを承知で使用しなければ、驚いてしまうでしょう。

ただ、血中にも含まれる成分なので、アレルギー反応を起こすことはありません。使用を継続することで、徐々に炎症がなくなり、肌が生まれ変わってくるのです。

保湿をする

トレチノインを使用している間は、乾燥しやすくなってしまいます。かゆみも出やすくなるので、そのままにしておくと、黒ずみを治すどころか、悪化してしまうことになってしまいます。

保管方法に気を付ける

トレチノインは酸化しやすいものです。開封後には1ヶ月を目安に使いきるようにしましょう。開封後のものは、冷蔵庫で保存する方が良いでしょう。

酸化したものを使っていると、肌に負担がかかってしまいます。

肌が荒れたら無理をしない

トレチノインはほとんどの人は赤みやかゆみ、皮がむけるなどの肌荒れの症状が副作用で出てきます。

ただし、その症状が我慢できないほどであれば、使用を中止して、医師に相談するようにしましょう。

トレチノインは濃度にも種類があるので、変更するなどの対応ができます。

妊娠中、授乳中は使用しない

トレチノインは作用が強い薬です。内服薬でのビタミンAの過剰摂取は胎児への催奇形性があると言われています。

外用薬ではそれほどの作用はありませんが、念のため使用しない方が良いでしょう。

トレチノインは副作用があるが効果も高い外用薬

トレチノインはビタミンA誘導体の一つで、肌のターンオーバーを促進する効果が見られます。ニキビの改善やシミや黒ずみの改善に役立つ外用薬として、皮膚科などで処方されます。

海外では医薬品として認可されていますが、日本では市販はされておらず、医師による処方か、個人の責任での個人輸入での購入をするかしかありません。

副作用として、肌に赤みやかゆみを生じることがあり、徐々に改善されていくので、それを乗り越える必要があります。

一時的に肌荒れのような状態になる場合が多いですが、肌が生まれ変わり、白くハリのある肌になれるので、頑張ってトレチノインを使ってみてはいかがでしょうか。