薬用アットベリーは肌の黒ずみに効果のある成分や美容成分がたっぷりと配合されているので、効果が高いと言われています。

アットベリーの商品名に「薬用」とあるように、医薬部外品で、黒ずみ解消に高い期待が持てます。

しかし、その分、肌に悪影響な危険な成分は入っていないのかも気になりますよね。薬用アットベリーの副作用についても見てみましょう。

薬用アットベリーの危険な成分

副作用の心配はある?

薬用アットベリーは副作用の心配があるような成分は配合されていません。ですので、安心して使えます。

ただし、どんな人でも肌に合うというわけではありません。赤みやかゆみなど、アレルギー反応を起こす場合はあります。

そういった場合は使用を止めるようにしましょう。薬用アットベリーの使用を止めれば、重篤な症状に発展することはまずありません。

安心の無添加処方

お尻の黒ずみには刺激を与えないことが大切です。

>お尻の黒ずみになる刺激について見る

薬用アットベリーは、肌に負担をかけないように低刺激にこだわっており、敏感肌や乾燥肌の人でも使える優しいジェルなのです。

  • 着色料
  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油
  • アルコール
  • パラべン

肌の刺激になる上のような成分は一切使われていない、無添加処方です。

また、国内工場で製造しており、徹底した品質管理が行われています。安心で安全な原料で作られています。

薬用アットベリーの不安成分

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは炎症を抑えて、すこやかな肌にして、肌の黒ずみを改善する働きがあります。

そのグリチルチリン酸ジカリウムには、ステロイドと同じような作用があり、副作用の心配があるとも言われます。

>グリチルチリン酸ジカリウムの副作用について見る

しかし、薬用アットベリーは化粧品なので、グリチルリチン酸ジカリウムの濃度は低いので副作用の心配はありません。

トレハロース

トレハロースは、保湿や抗炎症の効果があることで、薬用アットベリーに配合されています。一方で、食品添加物として使用もされることでも知られています。

添加物と聞くと、肌への刺激が気になるかもしれませんが、海藻やキノコ類にも含まれている、毒性のない安全な成分とされています。

薬用アットベリーの口コミでの症状

薬用アットベリーの口コミでは、良い口コミが多いので、ほとんど肌に悪影響があったというような口コミはありません。

  • ニキビが増えた

ただ、上のような症状が口コミで書かれていました。

薬用アットベリーは保湿効果が高いので、下着で蒸れることがあると、特に皮脂が多い人はニキビができやすくなってしまうことがあります。

>お尻の黒ずみと下着の関係について見る

そのため、薬用アットベリーの成分によって、ニキビが増えたとは言い切れない部分があります。

薬用アットベリーの使用場所

薬用アットベリーは黒ずみが気になるお尻やワキ以外にも、下にあげるように、全身に使うことができます。

  • ひじ、ひざ
  • 背中
  • デリケートゾーン

しかも、薬用アットベリーは肌に優しく低刺激なので、顔の目元にも使うことができるのです。

薬用アットベリーの使用方法

薬用アットベリーは毎日、朝晩2回の使用が効果的です。1円玉くらいの量を手に取り
気になる所に浸透するように塗り込みます。

その後、手のひら全体で覆うようにして、ジェルを浸透させるように温めます。

夜は肌の汚れをしっかりと落として、血行が良くなっているお風呂上がりにアットベリーを塗ることが効果が上がりやすくなるのでおすすめです。

>お尻の黒ずみケアはお風呂あがりが良い理由について見る

薬用アットベリーは副作用の心配がなく安心!

薬用アットベリーには、副作用の心配のある成分はありません。不安だと思う成分でも、安全な濃度で、安全が確認されたものしか使用されていません。

肌に刺激となるものは含まれていない、無添加処方で、敏感肌でもデリケートな部分の肌に使うことができるのです。

薬用アットベリーはお尻だけでなく、全身の黒ずみケア、保湿ケアに役立ちます。毎日朝晩、継続して使うようにしましょう。

安全で安心な薬用アットベリーでお尻の黒ずみケアを始めましょう!