肌の黒ずみに良いに効果的として人気がある薬用アットベリー。「お尻の黒ずみがきれいになって、自信がもてた」という声が多いのです。

また、黒ずみだけでなく、もちもちの肌にもなれるとも言われています。

どのような成分によって黒ずみが改善され、肌の調子が良くなっていくのでしょうか?薬用アットベリーの黒ずみ有効成分について見てみましょう。

薬用アットベリーの黒ずみ有効成分とは?

プラセンタ

プラセンタは動物の胎盤から抽出されたエキスで、美白効果があります。お尻の黒ずみの原因になるメラニン色素の生成を抑えてくれます。

また、成長因子を含んでいるので、肌の新陳代謝を高め、メラニンを排出しやすくして、黒ずみを薄くすることができます。

>プラセンタの効果について見る

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムは、甘草の根に含まれていて、漢方薬にも多く使われています。肌の炎症を抑えたり、雑菌の繁殖を抑える働きがあります。

お尻の肌は毎日座ることでの圧迫や下着による締めつけなど、様々な刺激が加わっているのです。グリチルリチン酸ジカリウムはその刺激を鎮めてくれます。

>お尻の黒ずみになる刺激について見る

グリチルリチン酸によって、肌が鎮静されることで、肌は正常に生まれ変わるようになるので、お尻の黒ずみに効果があります。

>グリチルリチン酸ジカリウムの効果について見る

甘草フラボノイド

甘草フラボノイドは4000年も前から「生薬の王」と呼ばれ、薬用食物として使用されてきました。

グリチルリチン酸ジカリウムと同じく、甘草の根から抽出されています。

メラニン色素の生成に関わるチロシナーゼという酵素の活性を抑える働きをします。ビタミンC誘導体と並び、「2大美白成分」と言われているのです。

高い美白効果で黒ずみのないお尻を目指すことができます。

>甘草フラボノイドの効果について見る

トウキエキス

トウキエキスは、セリ科植物の根から抽出されています。メラニンの生成を抑える美白効果があります。

血行促進や保湿、消炎作用があるので、肌荒れを防ぎながら健康な白いお尻に戻すことができます。

>トウキエキスの効果について見る

エイジツエキス

エイジツエキスはバラ科植物のイノバラやその近縁の植物から抽出されています。抗酸化作用の高いフラボノイドを含んでいるので、肌の老化を防ぐ作用があります。

収れん、美白、保湿、皮膚細胞の活性効果があり、肌荒れを防ぎながら、お尻の黒ずみケアをしてくれます。

>エイジツエキスの効果について見る

薬用アットベリーのその他の成分とは?

薬用アットベリーには6種類の保湿成分が含まれています。

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • トレハロース
  • アラントイン

保湿をすることで、外からの刺激に強い健康な肌にすることができ、黒ずみを治しやすくなります。

そして、水分が多いうるおった肌のお尻はやわらかく、ハリと弾力も出るでしょう。

薬用アットベリーのトリプル方式とは?

薬用アットベリーには、独自の「トリプルサンド方式」というものがあります。

内部のケア

ナノ化させた、浸透性コラーゲン、オリゴヒアルロン酸などを肌の角質層まで浸透させます。

表面のケア

高分子ヒアルロン酸が表面にとどまって、水分の蒸発を防ぎうるおいを閉じ込めます。

保護バリア

セラミドやエラスチンによって、肌のバリア機能を高めます。

3段階に分けて、効果を出してくれる「美肌熟成方式」なのです。この、ぷるぷるでもちもちの肌にしていける方法が、薬用アットベリーの人気の秘密でもあります。

薬用アットベリーでお尻の黒ずみを解消しよう!

薬用アットベリーは美白成分であるプラセンタや甘草フラボノイドなど、黒ずみの原因になるメラニンに働きかける成分、保湿できるヒアルロン酸やセラミドなどの美容成分がたっぷりと配合されています。

そして、薬用アットベリー独自の方法によって、肌のうるおいを閉じ込めて逃さないので、高い効果が期待できるのです。

よって、お尻の黒ずみが解消されながら、うるおいとハリある理想のお尻になることができます。

お尻の黒ずみに悩んでいる人は、薬用アットベリーを使ってみてはいかがでしょうか?

アットベリーの公式サイトはこちら
>アットベリーの口コミ評判を確認する