フェアリームーンはお尻の黒ずみに効果が高いことで人気です。朝用と夜用に分かれていて、お尻の肌トラブルに特化して開発された美容ジェルとのこと。

いろいろな成分が配合されているようですが、効果が高い分、肌に危険な成分が入っていないのかが気になります。

副作用はあるのでしょうか?フェアリームーンの副作用や使い方をご紹介します。

フェアリームーンの危険な成分とは?

副作用とは?

フェアリームーンには、副作用の報告はありません。安全にお尻の黒ずみケアができると言えるでしょう。

ただし、誰でも絶対に肌にトラブルが出ないというわけではありません。その時の肌の調子や体調などによっても、赤みやかゆみが出ることはあるかもしれません。

しかし、それは一時的なもので、重症になることはないでしょう。いつもと違う感じがあれば、無理をせずに使用を止めるようにしましょう。

安全な無添加

フェアリームーンは肌に刺激になるものは、すべて排除した、低刺激のジェルです。毎日安心して使うことができ、敏感肌の人でも大丈夫です。

>フェアリームーンの無添加について見る

フェアリームーンの口コミでの症状とは?

フェアリームーンは何か症状が出てしまったという口コミを探してみましたが、特にありませんでした。

黒ずみに効果がないという口コミは少しあります。

黒ずみを改善するには、時間がかかるので効果が出る前に止めてしまっているという場合もあります。

>フェアリームーンで効果を感じないという口コミについて見る

また、下着の圧迫や座り方など、生活習慣での外からの刺激が変わっていなければ、外からケアをしてもなかなか効果が見られないということもあります。

>下着によるお尻の黒ずみについて見る
>お尻の黒ずみと座り方について見る

フェアリームーンの使い方とは?

朝用のジェルの使い方とは?

夜寝ている間に、皮脂や汗が出ているので、できればキレイに洗い流してから肌にフェアリームーンを塗るようにします。

時間がなければ、ウエットティッシュで拭くようにします。クルクルと優しくなじませて、軽く手で押さると、より浸透しやすくなります。

夜用のジェルの使いかたとは?

夜はお風呂に入った後、身体を拭いた後すぐにマッサージをするように、塗ります。

血行が良く代謝が上がりやすいですし、肌が乾燥しやすく、保湿成分が浸透しやすい状態になっているので、効果が出やすいでしょう。

>お風呂上がりのマッサージの仕方について見る

また、少し多めにフェアリームーンを塗り、ラップで5分間ほど包んでパックとしても使えます。うつ伏せになって、リラックスして時間をおきましょう。

フェアリームーンの成分がしっかりと浸透してプルプルのお尻になれます。週に1度のスペシャルケアにします。

毎日のケアは塗るだけで大丈夫です。

保管方法に気を付ける

直射日光は避けて、ふたをきちんとしめて、湿度が低い場所で保管し、品質の低下を防ぎましょう。お風呂場にずっと置かないようにした方が良いですね。

フェアリームーンは天然のサフランが入っているため、黄色をしていますが、気温や時間とともに色が薄くなってくる時があります。

色が変わっても品質には問題がないので、安心して使えます。

フェアリームーンの使用場所とは?

フェアリームーンはお尻の特化しているジェルですが、美容成分がたっぷりと配合されていて、肌に優しいので、デリケートなビキニラインやワキの黒ずみにも効果があります。

また、腕や背中、ひじやかかとなど全身にしっかりと使うことができるのです。

フェアリームーンは副作用がなく安全!

フェアリームーンはお尻の黒ずみに高い効果を出してくれますが、肌に刺激になるものが使われず、副作用のないとても安全で安心な化粧品です。

肌に良い美容成分もたっぷり含まれているのでお尻だけではなく、全身に使うことができます。

毎日使うことで、お尻の黒ずみは改善されます。難しい使い方はないので、朝と夜の1日に2回、フェアリームーンを続けて使うようにしましょう。

マッサージジェルとしてや週に1度のパックとして使っても高い効果が見られるようです。フェアリームーンは安心してお尻の黒ずみ改善に使って下さい。