お尻はつるっとしていて白い桃のようなお尻が理想ではないでしょうか?では、自分のお尻の肌がどうなっているのか、確認したことはありますか?

実はお尻は毎日いろいろな刺激が加わり、黒ずみができやすい場所なのです。後ろをむいて、初めて気付き、びっくりすることもあるんです。

では、どのようなことがお尻の肌に刺激になっているのでしょうか?お尻の黒ずみの原因いなる、刺激を見てみましょう。

お尻に加わる刺激とは?

毎日の生活の中で、無意識に行っていることが、お尻に刺激になり、お尻の黒ずみにつながっていくことが多くあります。

  • 乾燥
  • 座ることによる圧力
  • 下着による締めつけ、摩擦
  • 洗い方
  • 汗などによる蒸れ

などです。

そして、お尻の肌は刺激を受けやすいにもかかわらず、後ろ側で普段目にすることが少ないため、顔のように気を付けてケアをすることが少ないのです。

お尻の黒ずみは一度できてしまうと、なかなか改善できないので、作らないように刺激を防ぐようにすることがおすすめです。

お尻の肌の刺激を防ぐ方法とは?

乾燥

乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下して、敏感な肌になっているため炎症を起こしやすく、かゆみがでやすくなります。

しっかりと保湿をして、健康な肌にする必要があります。

>保湿をする方法について見る

肌に優しく、保湿成分や肌の代謝を促進してくれるような化粧品を使うと効果的です。

座ることによる圧力

座ることで、体重がかかり、お尻の肌は圧迫されています。少しでも肌の負担が軽くなるように、クッションを使ったり、座り方を工夫した見たりすると良いでしょう。

>クッションの選び方について見る
>お尻に負担が少なくなる座り方について見る

下着による締めつけ、摩擦

大体の人が下着を履いていますよね。その下着も形や素材によっては、肌に密着したり、こすれたりすることで、刺激になってしまいます。

柔らかく、肌に食い込みにくいデザインやサイズの下着を選びましょう。

>お尻に優しい下着について見る

洗い方

お風呂に入って身体を洗う時にも、無意識にゴシゴシとこすって洗っている人も多いでしょう。そのゴシゴシが肌には刺激になっています。

優しく力を入れずに洗い、保湿成分が入っている石鹸やボディソープを使うとさらに刺激は少なくなります。

>石鹸やボディソープの選び方について見る
>刺激の少ないボディタオル、スポンジの選び方を見る

そして、お風呂に入った後は、肌が乾燥しやすい状態になっているので、すぐに保湿をしてうるおいを与えてあげると、刺激に強い肌になれます。

>お風呂上がりの保湿について見る

汗などによる蒸れ

ぴったりとしたズボンを履く、長時間座っているなどしていると、下着や洋服が密着していることで、汗で蒸れてしまうこともあります。

そうなると雑菌が繁殖しやすくなり、肌に刺激になってしまい、ニキビや炎症ができやすくなってしまいます。

通気性の良い下着を着けたり、座っている時にもストレッチを加えてみたりすると良いですよ。

>肌に優しい下着の素材について見る
>ストレッチについて見る

お尻の黒ずみにつながる刺激から肌を守ろう!

お尻は女性にとって大切なパーツ。しかし、毎日、いろいろな刺激にさらされていて、肌にダメージが加わりやすく、黒ずみを招いてしまいやすいのです。

お尻をきれいな肌に保つためには、その刺激から肌を守ってあげることが必要なのです。お尻の肌は、普段目に入らないことからケアをしていないことが多いのです。

お尻の肌に目を向けて、意識して刺激を取り除き、お尻の黒ずみの予防、改善をしていきましょう。