パソコンを使ったり、事務作業をしたり、デスクワークをしている女性は多いと思います。そんなデスクワークをしている人は、お尻の黒ずみができやすいことをご存じですか?

お尻の肌は、後ろ側なので毎日目にすることはないのですが、気が付いたら、黒ずんでいたり、ガサガサとしていたりと、見た目が悪くなっていることもあるのです。

デスクワークでのお尻の黒ずみの原因、リスクを見てみましょう。

デスクワークのお尻の黒ずみのリスクとは?

血行が悪くなる

どうしても体重の圧力がかるので、血液やリンパの循環が悪くなります。そうなると、肌の新陳代謝も悪くなり、黒ずみになりやすくなってしまいます。

圧迫されることで皮膚刺激になる

長時間座っていると、お尻が痛くなることはありませんか?それは、椅子の間で肌がおしつけられていることが刺激になってしまっています。

その刺激から守るために、メラニンが生成されるので、お尻が黒ずんできてしまいます。

>座ることが黒ずみになる理由について見る

下着や洋服の間で蒸れる

下着や洋服の素材によって、通気性が悪い状態になるので、蒸れた状態になることがあります。座り跡がついて、かゆみが出てしまったり、乾燥しやすくなってしまったりすることも。

ニキビもできやすくなる場合もあります。

デスクワークでお尻の黒ずみのために気を付けると良いこととは?

正しい座り方をする

何気なく座っていると、お尻の一部分にだけ負担がかかってしまっていることもあり、肌刺激が強くなってしまいます。

椅子に深く腰掛ける、足を組まないなど、正しい姿勢をすると良いでしょう。

>黒ずみを予防する座り方について見る

クッションを使う

お尻と椅子の間に、クッションを使うことで、お尻の肌の負担が減り、黒ずみを減らすことができます。

座り心地が良くなるので、お尻の痛みを感じることも少なくなります。

>お尻の黒ずみに良いクッションについて見る

ストレッチをする

脚を伸ばす、一度立ってみるなど、簡単にでも良いので、ストレッチをすると、血液やリンパの流れが良くなります。

同じ姿勢を取っていると、むくみの原因にもなるので、ストレッチはむくみの防止にもなるのでおすすめです。

また、立ち上がることで、お尻の通気性が良くなるので、蒸れを防ぐことになります。

下着に気を付ける

締めつけの強い下着やナイロンなどの化学繊維の下着は、それだけでも肌の刺激になって黒ずみの原因になってしまいます。

座ることでの圧迫を加えることで、さらに肌には負担になってしまいます。綿やシルクなどの優しい素材で、締め付けられない形の下着を選ぶようにしましょう。

>お尻の黒ずみにならないための下着選びについて見る。

デスクワークのお尻の負担をできるだけ軽くしよう

デスクワークで長時間座っていると、お尻に負担がかかっているので、お尻の黒ずみの原因を作ってしまっています。しかし、座らないわけにはいきませんよね。

そこで、少しでもお尻の肌の負担を減らすように意識してみましょう。そうすることで、お尻の黒ずみの予防や改善になります。

姿勢もお尻の形も良くなり、むくみ防止にも良いですよ。