水着になった時、ふと後ろ姿をお風呂で見た時に、「お尻が黒ずんでいて汚い!」とびっくりしたことはありませんか?

お尻が汚い見た目だと嫌ですよね…女性のお尻はぷるんときれいな肌が理想です。

お尻の黒ずみに心当たりがないという人もいるかもしれません。何が原因でお尻がこんな黒ずんでしまうのでしょうか?

お尻の黒ずみの原因について調べました。

お尻の黒ずみの原因とは?

デスクワーク

パソコンを使う、電話応対をする、文書を作成するなど、毎日椅子に座って仕事をしている女性は多くいます。

その時、お尻はどのようになっていますか?体重がかかって、圧迫されていますよね。お尻が痛くなったり、ムレてかゆくなったりすることもあると思います。

その刺激から、肌を守るために、メラニンが生成されてしまいお尻が黒ずんできてしまうのです。

>デスクワークのお尻の黒ずみについて見る

かゆみ

肌が乾燥することで、肌が敏感になり、かゆみが出ることがあります。

そして、長く座っていること、化学繊維をつかった下着やぴったり目のズボンなどによってもお尻が蒸れてしまい、雑菌が繁殖することでかゆみが出ることもあります。

そうなると、ゴシゴシと搔いてしまい、肌がさらに炎症を起こしてしまうことになり、黒ずみもひどくなってしまいます。

>肌にかゆみが起こる状態について見る

刺激

お尻は下着や洋服で守られているようですが、毎日いろいろな刺激を受けています。守ってくれるはずの下着や洋服でさえ、素材や形によっては、刺激になり、黒ずみの原因になってしまいます。

>下着の黒ずみへの影響について見る

その他にも無意識で行っている、お尻の洗い方や座り方、自転車の乗り方などでもお尻には負担や刺激になってしまい、知らない間に黒ずみができてしまっているのです。

>お尻の黒ずみを防ぐサドルの選び方について見る
>お尻の黒ずみになる刺激について見る

乾燥

顔の肌は乾燥したら、見た目にも触った感じでもすぐに分かりますが、お尻はなかなか気付かない人が多いのです。

乾燥すれば、肌が敏感になってしまい、外からの刺激に弱くなり、黒ずみもできやすくなってしまうのです。

>お尻の黒ずみと乾燥との関係について見る

お尻の黒ずみの原因を作らないようにしよう!

お尻の黒ずみの原因は、毎日の生活の中で作られています。まずは、お尻の肌状態がどのようになっているのかを確認しましょう。

そして、お尻の肌に負担になっているものを探してみましょう。気が付かないうちに、刺激や負担がお尻には与えられていることが分かると思います。

座らずに仕事をすることはできないですし、根本的な体質や肌質の問題もあるとは思います。

しかし、意識をすること、対策はとることはできます。自分に合った方法で、毎日お尻のケアをしてあげるとお尻の黒ずみの原因を減らすことはできますよ。