ある日突然出来るお尻の黒ずみ。
ふとした瞬間に気づき、ビックリしますよね。

そんなお尻の黒ずみですが、皮膚科や美容外科などの病院にいくとお薬は貰えるのでしょうか?

病院で出されるお尻の黒ずみを改善するための処方薬についてまとめました。

お尻の黒ずみに効く処方薬とは?

病院で出される処方薬の種類

お尻の黒ずみは皮膚科や美容外科に行くことで、内服薬や外用薬を処方してもらうことができます。

外用薬

外用薬では、主に2種類の成分が入った塗り薬が出されます。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

内服薬

内服薬では、色素沈着を防ぐ効果や美白効果がある内服薬が出されます。

  • シナール
  • トラネキサム酸

専門の医師に診断してもらうことで、お尻の黒ずみの根本的な原因が分かることもありますし、やみくもに自分でケアするよりも、早い効果を得ることができるようになります。

処方薬の値段・費用

処方薬には、保険が適応されるので、一度に支払う金額は約2,000~3,000円になることが多いでしょう。

もちろん、種類や量によっては、もう少し安い場合もありますし、高くなってしまうこともあります。
ただ保険適用になる場合はそこまで高い金額にならないので安心してください。

お尻の黒ずみに効く処方薬の成分、効果とは?

ハイドロキノン

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほどの美白効果がある外用薬です。チロシナーゼという酵素の生成を阻害して、メラニンの合成を抑制する作用があります。

クリニックでは5~10%濃度で処方され、効果が高くなっています。

化粧品でも使用されているものもありますが、大体4%以下の濃度になっています。

ハイドロキノンは効果が高いですが、肌への刺激が多くなってしまいます。肌への影響を見ながら使用することが必要です。

また、肌に塗ったまま紫外線に当たると、炎症を起こしやすくなるので、日中に使用するのは控えるようにします。

>ハイドロキノンの効果・効能まとめ

トレチノイン

トレチノインは外用薬で、ビタミンA誘導体と言われます。古い角質を落とすことができ、効果は強いと言われています。

角質を剥がすことで、肌のターンオーバーが正常に行われるようになり、肌のメラニンを外に排出しやすくすることができます。

ただし、皮がむけるようになったり、痛みを伴ったりと、人によっては症状が強く出る場合もあります。自己判断で無理をするのではなく、医師に相談しながら様子を見てみるようにしましょう。

>トレチノインの効果・効能まとめ

シナール

シナールはビタミンCとパントテン酸というビタミンB5の複合ビタミン剤です。色素沈着やニキビの改善の内服薬として処方されることが多くあります。

ビタミンCはメラニンの生成を抑制する働きがあり、美白成分として有名です。

また、ビタミンCはコラーゲン生成を助ける働きがあるので、ハリのある肌にもしてくれます。そして、ビタミンB5は肌の代謝を高めてくれる作用もあるので、健康で透明感のあるお尻にすることができます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸はもともと、止血や炎症を抑えるために使われる、薬剤に使われていた、人工的に合成されたアミノ酸の一種です。

そして、近年トラネキサム酸は、メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ美白効果がある内服薬でも知られるようになりました。

女性ホルモンのバランスが原因になる肝斑と呼ばれるシミに効果的なことでも有名です。お尻の黒ずみにも効果を表してくれます。

ただし、止血用に用いられる薬で血栓ができやすくなることがあります。心筋梗塞、脳卒中など、血栓に関わる病気を持っている人は、医師と相談するようにしましょう。

>トラネキサム酸の効果・効能まとめ

どれくらいで処方薬の効果はでるの?

外用薬であるハイドロキノンは効果が現れるようになるので、2~3ヶ月くらい継続することが大切です。

トレチノインは、強いピーリング作用があるので、数日~2週間くらいで皮がむけるなどの変化が見られるようになります。
2~8週間ほどで炎症が治まってきます。

内服薬であるシナールやトラネキサム酸は、効果が出始めるのは、3ヶ月後くらいになります。
お尻の黒ずみが改善されるためには、肌のターンオーバーが正しく行われて、メラニンが排出されるまでに時間がかかってくるので、ある程度の期間が必要になるのです。

処方薬を使って黒ずみを改善する場合は、毎日続けることが大切です。

処方薬といってもすぐに効果は出てきませんので、長期的なお尻のケアが重要になります。

処方薬以外で口コミの評判が高い市販の商品

病院で塗り薬や飲み薬をもらうためには診察を受けなくてはなりません。

しかし、診察を受けるための待ち時間お尻を診てもらう恥ずかしさなど結構なストレスになります。

あまり病院は行きたくないな。。。という人に1つだけ市販でもおすすめできる商品があります。

それは「医薬部外品」として販売されている『薬用ピーチローズ』。
この商品は、口コミでも評判が非常に良いですし、実際効果があった!との声が多数出ています。

嘘でしょ?と思う方は、口コミが集まっている@cosmeの口コミ評価見てみて下さい。

薬用ピーチローズの@cosmeでの評判

現在1,133件の口コミが集まっており、評価は7点満点中5.3点。(2018.3.7 更新)

5点超えていたら高評価です。4点代でも結構評価いいな。というくらいが@cosmeの口コミ評価の基準です。(ピーチローズの口コミをまとめたページ

お尻の黒ずみを処方薬で治そう!

お尻の黒ずみには、病院で処方される薬である処方薬でも治すことができます。メラニンの生成を抑えたり、肌の代謝を促進させたりする、外用薬や内服薬があるのです。

病院で診察を受けて薬をもらうことができるので、安心して塗ったり、飲んだりすることができます。

>お尻の黒ずみの皮膚科での治療について見る

また、外用薬は化粧品に含まれる成分よりも濃度が濃くなっているので、高い美白効果も期待できます。

ただし、その分注意事項もあるので、医師の指示をしっかりと聞いて正しく使うことが大切です。

薬を使ってもすぐに黒ずみが治るわけではありません。3ヶ月くらい継続して使うようにしましょう。効果の高い処方薬で、お尻の黒ずみを治しましょう。