私達は座らない日はありません。無意識に座っていることが多いと思いますが、その座っていることが、お尻の黒ずみの原因になっていることもあるのです。

あなたのお尻は大丈夫ですか?顔の肌は毎日見ていますが、お尻は見えないので、自分の
気付かないうちに、黒くなっていることも多いのです。

お尻の黒ずみを改善する、美尻につながる正しい座り方について見てみましょう。

座っていることがお尻の黒ずみになる?

長時間のデスクワーク、運転など、長い時間座っている人は多いのではないでしょうか?

そうなると、お尻には自然と圧力がかかってしまっています。それが、刺激になりお尻の黒ずみの原因になってしまうのです。

>お尻の黒ずみが座っていることで出来るわけについて見る

また、座り方が悪いと、骨盤が傾きやすくなり、その底にある座骨が椅子に当たりやすくなります。骨で圧迫されてその部分に負担がかかりやすくなるので、黒ずみができやすくなるのです。

お尻と太ももの付け根になる部分は、座ったり立ったりするなど、足の曲げ伸ばしが多く行われることになるので、黒ずみができやすくなりますし、お尻のたるみが気になるようになってきます。

お尻の黒ずみを予防する座り方とは?

深く椅子に座る

背もたれに背中が付くようにしっかりと深く椅子に座ると良いでしょう。そうすることで、体重を一か所に集中して負担になることがなく、お尻の肌の刺激も少なくなります。

背もたれにはあまり体重をかけずに、背筋が伸びた状態を保つようにしましょう。下腹部や背中のストレッチ作用もあるので、猫背の改善にもなります。

背筋が伸びた状態で座っていると、見た目の印象もよくなります。

足を組まない

脚を組む癖のある人は多いですよね。そんな人は要注意です。足を組むと骨盤が広がり、ゆがみが出てしまいます。そうなると、一部分に負担がかかってしまって、肌にも圧力がかかってしまいます。

また、骨盤がゆがんでしまうと、お腹周りや腰回りの血流が悪くなるので、太りやすくもなってしまいます。女性にとってはそれも嫌ですよね。

脚はひざを付けて、垂直に下ろすにようにしましょう。それが難しい場合は、足やお尻の筋力が衰えている状態とのこと。意識して足をそろえて、下ろすようにしましょう。

内ももやお尻の筋肉が鍛えられるので、ヒップアップにもつながります。黒ずみがなく、形も良い美尻になれそうです。

クッションを使う

お尻の負担を軽くするためには、上手にクッションをつかうのもおすすめです。低反発の素材やドーナツ型のクッションなど、自分の座り心地が良いものを選ぶと良いでしょう。

>お尻の黒ずみに良いクッションについて見る

たまにストレッチをする

長時間座っていると、どうしても負担は大きくなってしまいます。痛いと感じることも出てきます。

そういった時には、足を延ばしてストレッチをしたり、少し歩いてみたりすると良いでしょう。血流を改善させることができます。

なかなか動けない時には、一度立って座り直すだけでも、空気が通って蒸れの防止になり、お尻の肌には良いでしょう。

正しい座り方で黒ずみのない美尻を目指そう!

毎日座っていることでお尻の肌には負担になります。そして、座り方が悪いことでもお尻の黒ずみを悪化させてしまうことになるのです。

また、座り方によってはお尻の形を崩してしまったり、太りやすくなってしまったりと、悪影響になってしまうとも言われます。

正しい座り方をすることで、お尻の肌への負担が減り、お尻の筋肉が付き、黒ずみのない美尻になれそうです。意識して自分の座り方を見直してみましょう。