お風呂上がりには、何をしていますか?身体を拭いて、そのまま髪を乾かして終わり。という人も多いのではないでしょうか?

お風呂上がりは絶好の肌のお手入れタイムなのです。お尻の黒ずみのケアにも効果的です。

お風呂上がりに手入れをするのがなぜ良いのでしょうか?お風呂上がりのケアの方法について知りましょう!

お風呂上がりのお尻の黒ずみ対策とは?

お風呂上がりが肌のケアに良いわけとは?

お風呂から上がった時は、身体が温まり、血行もリンパの流れも良くなっています。また、肌も水分を含んで、肌が柔らかくなり、保湿成分が浸透しやすくなっているのです。

そのまま肌を放っておくと、逆に乾燥しやすくなってしまうので、かゆくなってしまったり、肌荒れを起こしてしまったりと、黒ずみになりやすくなってしまいます。

お風呂上がりにマッサージをすると代謝が上がりやすくなり、美容にも健康にも良いのです。お風呂上がりは肌のケアするのに、最適ですし、ケアをしなければならないとも言えますね。

保湿をする

湯船につかっていると、水分を含んで肌がうるおっているような気がしてしまいますが、肌にある保湿因子が流れていってしまっています。

よって、お風呂上がりは乾燥しやすい状態になってしまっています。お風呂から出て、水分を拭いたら約5分以内にクリームやローションなどで保湿するのがお尻の黒ずみの改善に効果的です。

マッサージをする

お風呂上がりにクリームやオイルを使ってマッサージをすることで、肌を保湿して黒ずみ対策をしながら、ヒップアップや足痩せなどの効果が得られるので、一石二鳥です。

マッサージをすることで、代謝が良くなり、肌のターンオーバーも正常に行われるようになるので、肌の黒ずみがきれいになりやすくなります。

そして、マッサージをする前に、水分補給をしてあげると良いでしょう。お風呂に長くつかっていると、汗で身体の水分が出て行ってしまっています。

そして、水分を取ることで、リンパ液の濃度が薄まるため、リンパ液が流れやすくなり、老廃物も排出しやすくなります。

マッサージの仕方とは?

強くし過ぎない

マッサージは強くする方が効果的と思っていませんか?しかし、強くゴシゴシとこすったり、引っ張ったりすると、皮膚に摩擦になるので、メラニンが増えてしまい、黒ずみの原因になってしまいます。

>お尻の黒ずみの原因について見る

しっかりと肌が滑るくらいの量のクリームやオイルを使って肌をこすらないように、優しくマッサージをするようにしましょう。

ヒップアップのマッサージの方法とは?

  1. 左右のヒップの中央にある環跳(かんちょう)というツボをグーで力を少し入れながら、30秒間プッシュします。これでむくみを改善しやすくなります。
  2. 手はグーの形で尾てい骨部分から外側方向へ少しずつ移動させながら、グリグリとほぐします。
  3. 太ももとお尻の境目の部分を手の平全体で持ち上げるように、10回さすり上げます。
  4. 最後にお尻を外回りで円を描くように10回マッサージします。

マッサージをすることで、形もきれいで、黒ずみのないお尻を目指せます。毎日コツコツと継続するようにしましょう。

お風呂上がりは保湿とマッサージでばっちり黒ずみケアをしよう

お風呂上がりは、血液やリンパの流れが良くなり、代謝が上がりやすくなります。また、肌は保湿成分が浸透しやすくなっています。

お尻の黒ずみには保湿をしたり、肌の代謝を良くしたりすることが効果的なので、お風呂上がりは絶好のチャンスなのです。

お風呂からあがったら、できるだけすぐにクリームやオイルで保湿をしましょう。そして、マッサージも一緒に行うことで、むくみを取ったり、ハリを出したりすることもできます。

>マッサージの効果について見る

お風呂上がりに顔のケアだけでなく、お尻のケアをすることで、黒ずみを改善することができます。

お風呂上がりのケアを毎日の習慣にして、黒ずみのないお尻、肌を目指しましょう!