お尻の肌の状態を気にして見ていますか?後ろを向いてもなかなか見ることができないお尻の肌ですが、黒ずみができやすい部分なのです。

自分のお尻の黒ずみを発見してしまった時は、ショックを受けてしまうことも…

そんなお尻の黒ずみには、毎日着ける下着が関係してしまっていることがあるというのです。かわいいだけで下着を選んでいませんか?

お尻の黒ずみと下着の関係についてご紹介していきます。

お尻の黒ずみの原因になる下着とは?

締め付けがきついショーツ

きつめのショーツやパンツをはいていませんか?締め付けがきついことで、きゅっと引き締まった感覚が好みの人もいるかもしれません。

しかし、締め付けがきつくなると、リンパの流れや血流が悪くなり、ニキビができやすくなり、それがニキビ跡になり黒ずみにつながってしまうこともあります。

また、ゴムラインに圧迫されてかゆみも出やすくなってしまい、搔いてしまうことで刺激になり、黒ずみの原因になってしまうのです。

擦れる刺激

ショーツの形によって、サイズが合っていないなどで、肌とショーツが擦れることが多くなります。そうなることで、肌を守るためにメラニンが生成されてしまい、肌が黒くなってしまいます。

特にナイロンなど化学繊維のショーツでは、擦れることによって、肌に刺激が強くなってしまい、お尻の黒ずみができやすくなってしまいます。

>刺激がお尻の黒ずみにつながることについて見る

お尻の黒ずみを防げる正しい下着とは?

お尻の肌に良い素材とは?

おすすめのショーツ、パンツの素材は、

  • 綿
  • シルク
  • レーヨン

です。それは、水分吸収率が良く、下着の中の湿度が一定に保たれ、乾燥しにくくなります。保湿された肌は、肌のターンオーバーが正常に行われ、黒ずみができにくくなります。

また、これらの素材はやわらかいので、肌に擦れることが少なく、刺激になりません。

避けた方が良い素材とは?

  • ポリエステル
  • ナイロン
  • アクリル
  • レース

これらの素材は、水分を吸収しにくく、肌が乾燥しやすくなってしまいます。乾燥した肌は、バリア機能が低下してしまうので、外からの刺激に弱くなりメラニンが生成されやすくなってしまいます。

サイズ選びをする

ショーツやパンツのサイズはどのようにして選んでいますか?ブラジャーは試着をして購入することが多いかもしれませんが、ショーツはなかなか試着をして買うことはできません。

洋服のサイズがMサイズでもショーツのサイズがMサイズとは限りません。自分のウエスト、ヒップのサイズを採寸して決めることが大切です。

お尻に食い込んでしまうようなサイズだと、刺激やかゆみになってしまいます。大きすぎても、肌との隙間ができてしまい、肌が擦れて刺激になります。

自分に合ったサイズのショーツを選びましょう。

形を選ぶ

ショーツには、いろいろなデザインのものが出ていて、おしゃれでかわいいものもたくさんあります。

女性はおしゃれな下着を着けていることで、テンションが上がるなどで楽しんでいる人もいますよね。

しかし、レースやリボンなどが肌の刺激になっていることもあります。たまには良いかもしれませんが、毎日のことなので、お尻を包み込むようなボクサーパンツが、お尻の黒ずみを考えるとおすすめです。

お尻の黒ずみにおすすめの下着とは?

the GUNZE スタンダードシリーズ

下着の老舗グンゼ。「ダサイ」というイメージが昔はありましたが、今はデザインも素材にもこだわった下着が揃い、高い品質で人気になっています。

The GUNZEは、グンゼが下着づくりの技術を結集して開発した「ネクストラコットン」が使われています。綿そのものの、性能を高め、新しい着用感と快適性を実現しているショーツです。

脇はぎラインがなく、締め付けもないストレスフリーで肌に負担がかかりません。

スロギーフィット

スロギーは楽に過ごせる下着として、人気です。スロギーフィットは、そのシリーズの中のショーツ。素材は綿95%で、伸縮性が非常に優れていて、身体にしっかりとフィットしてくれます。

吸水も良く、肌触りも負いので、蒸れる心配もなく、快適に過ごせるショーツです。カラーバリエーションも多くかわいいので、下着を楽しめますね。

du cotonオーガニックコットンリラックスショーツ

du coton オーガニックコットンリラックスショーツは、その名の通り、オーガニックの素材が使われており、リラックスができるショーツです。

ボクサーパンツの形になっていますが、足の付け根部分にはゴムが使用されていないので、締め付けの心配がありません。

肌触りも良く、肌負担がないので、敏感な肌の人でも安心して使え、黒ずみの心配も少なくなります。

お尻の黒ずみには下着選びから気を付けよう

毎日着けているショーツ。その下着が、お尻の黒ずみの原因になることは知らない人が多いのではないでしょうか?

下着はいろいろなデザインのものができているので、素材や履き心地よりも、見た目のかわいさで選ぶことも多いと思います。また、サイズ選びも適当になってしまっているかもしれません。

下着の締め付けや肌に擦れることなどの刺激によって、肌のメラニンが増えて黒ずみになるというのです。蒸れることによって、乾燥やニキビの肌トラブルによってもお尻は黒ずんでしまいます。

自分に合ったサイズで、肌に優しく吸水性のある綿やシルクなどの素材のショーツがおすすめです。

ポリエステルやアイロンなどの化学繊維のものは、肌にこすれたり、かぶれやすかったりと肌に負担となってしまいがちなのです。

きれいなお尻を保つためには、下着選びはサイズと素材をきちんと知るようにしましょう。