毎日どのくらいの時間座っていますか?座っている時には、お尻には必ず圧力がかかっています。

そして、長時間座っていると、ムレてしまっていることも…そんな圧やムレなどが、お尻の黒ずみの原因になっているのです。

お尻の圧迫を少しでも和らげるのが、クッションの存在です。お尻の黒ずみに良いクッションについて調べました。

お尻の黒ずみにクッションが必要なわけとは?

座っていて、お尻が痛いと思うことはありませんか?

デスクワークや車の運転など座っている時間はたくさんあると思います。座っているときには、お尻の骨と椅子との間で圧迫されて、刺激や血行不良を起こしてしまいます。

そうなることで、座面に当たっている部分が特に黒ずみができやすくなってしまいます。

痛いと思っていなくても、刺激はお尻に加わっているので、黒ずみの原因になるメラニンは生成されている状態になります。

>お尻の黒ずみの原因になる刺激について見る

お尻の圧迫を少なくするためには、クッションはおすすめなのです。座る時間が長くなる人、お尻の脂肪が少ない人は特に、クッションが必要です。

椅子自体は変えることができない場合でも、クッションを使うことで手軽にお尻の負担を軽くすることができます。

お尻の黒ずみに効果的なクッションの素材、種類とは?

低反発クッション

低反発のクッションは、枕として人気が出て浸透している素材ですよね。

力を加えるとゆっくりと沈み、ゆっくりと時間をかけて戻って、気持ち良い感覚残ります。これは「ウレタン樹脂」というプラスチックを膨らませた発砲体で、宇宙飛行士の身体を守るための緩衝材として使われていたと言われています。

この素材を使ったクッションは、体重が分散されてお尻の負担を軽くすることができ、黒ずみにも効果的です。

ドーナツ型クッション

真ん中に穴の開いたドーナツ型のクッションは、「痔」の人のために、お尻に圧力がかからないように作られたものです。

しかし、そのドーナツ型のクッションがお尻の黒ずみにも効果があるのです。それは、皮膚と接する面が少なく刺激を受けにくい、通気性が良いので、お尻が蒸れにくいという理由があります。

最近は色もカラフルでかわいいものもたくさん出ています。また、穴があることで姿勢が正しくすることができるので、疲れにくくもなります。

エアークッション

エアークッションは、空気を膨らませて使うクッションです。自分で膨らますので、好みの固さに調節できます。ふわふわとしていて、圧迫を軽減させることができます。

空気を抜いて、たためばコンパクトになるので、持ち運びも出来るのも便利です。

ビニールなどの通気性の悪い素材だと、ムレてしまうことがあるので、カバーを取り付けるなど気を付けるようにしましょう。

お尻の黒ずみケアにおすすめのクッションとは?

テンピュール シートクッション

テンピュールは枕やマットレスなどの寝具で聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

一般的な低反発素材に比べると、高密度で体重性に優れているのが、テンピュールの特徴です。また、圧力や体温を感知しながら沈みこむように座ることができると言われています。

お尻にしっかりとフィットしてくれて、長時間座っていても負担が軽く疲れにくくなります。

お医者さんの円座クッション

お医者さんの円座クッションは、低反発素材のクッションです。名前に「お医者さん」とついているように、医師によって考案されています。

お尻に無理な力がかからない設計で、お尻全体を優しく包み込んでくれます。ふかふかで気持ち良く座ることができ、腰やひざの痛み、疲れを緩和する効果もあります。

お尻の黒ずみ改善にもなりますし、健康にも良い効果を出してくれるクッションです。

ツカモトエイム ポルト 骨盤クッション

ツカモトエイム ポルト 骨盤クッションは、空気を入れて使用するタイプのエアークッションです。

ボタンを押すだけで自動的に膨らみますし、空気を抜いて自分の好きな硬さ、高さに調節することができる便利なクッション。

空気を抜くと、持ち運びも出来て、自分のお尻にフィットさせることができます。骨盤矯正も出来るので、姿勢も正しながらお尻の黒ずみ対策もできます。

お尻の黒ずみはクッションで改善しよう!

毎日座っている時間は多いですよね。座っている間も、お尻には負担がかかってしまっているのです。それがお尻の黒ずみの原因になってしまっています。

それを改善するためには、クッションがおすすめです。

低反発素材やエアークッション、ドーナツ型のクッションがお尻の負担を軽減してくれ、黒ずみ予防、改善になります。

姿勢も良くなり、疲れにくくもなるので、身体にも良さそうです。座り心地の良いクッションを見つけて、黒ずみのないお尻を目指しましょう。